お尻ダイエットで小尻になろう★お尻を小さく引き締め痩せさせる方法

ヒップラインと言えば、女性にとってはかなり気にしているラインの1つではないでしょうか。

美尻といった言葉も生まれているくらい、お尻のラインをもう少しよくしたい、お尻を引き締めたい、お尻周りの肉を取り除きたい…といった切実な悩みを持った人は多くいます。

スポンサードリンク

そんな方のために、今回はお尻ダイエットと言えるような、そんなお尻を引き締めて痩せさせたいと思っている方のための方法などについて紹介していきたいと思います。

小さい方がいいのか?大きい方がいいのか?

そもそも論にはなってしまいますが、何も擁護するわけではありませんが、お尻が大きいのは悪い事ではありません。

昔から、ボンッキュッボンという言葉があるように、お尻は大きい方が良いという人も多くいます。
お尻が大きい方が女性らしくて好きという男性も多くいますし、安産型と言われるのもお尻が大きい方ですよね。

小さいのに憧れるのもわかりますが、まず大きいからダメといった意識は持たないようにしましょうね!

目指すのは大きい小さいより、上向きの締まったお尻

大きい小さいは良いとして、目指したいお尻というのが、引き締まったお尻です。
年々、お尻がダランと下がり気味になってきているのを、上に向いた引き締まったお尻にしていきましょう。

綺麗な引き締まったお尻を作るために必要なこと

お尻を引き締めようと思ったら、典型的な体重を落とすようなダイエット法では、うまくいきません。

食事を少し変えたり、抜いたりしてみても、体重に変化は出ても、そうそうお尻が大きく変わるという事はありません。

お尻を引き締め、綺麗なヒップラインを作るには、下記の2点が大切になってきます。

  • 適度な柔らかい筋肉をお尻に付けること
  • 脂肪を減らす(セルライト含む)

ですので、しっかりとお尻を小さくしたり引き締めるためには、筋肉を付けたり運動などトレーニング的な事が必要になってくる事を知っておきましょう。

毎日の5分間で行うお尻を引き締めるトレーニング

5分とはいえ、しっかりやると効いている事がわかるようなトレーニングになっているはずです。
毎日少しの時間を使って、しっかり意識しながら、お尻の引き締め・ダイエットを狙って行きましょう。

  1. まず、四つん這いのような姿勢になりましょう。
  2. まず右足を、後ろに伸ばして、そのまま上まで軽くあげます。
  3. 上げた右足を、そのまま胸まで引き戻し、また後ろに伸ばして上げていきます。
  4. この動きを10回ほど繰り返します。
  5. 右足が終われば、同じ事を左足で繰り返しましょう。

これは、基本的には床で四つん這い状態になって行いますが、同じような事を、壁際でやったり、椅子に手をかけて行うのも問題ありません。

参考になる動画を掲載しておきますので、この動きを毎日5分程度、繰り返していきましょう。

しっかりお尻を引き締め、引き締まった小尻を手に入れ、お尻ダイエットを最高させましょう!

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

  • わたしは、お尻が大きいことがコンプレックスだったけど
    そういう考えがあるんだと思い少し自信をもてるようになりました!!
    お尻が引き締まるダイエットをやろうと思いました。
    すごく参考になりました。
    ありがとうございました!!

    2013/04/04 by MISIA 様

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

下腹ぽっこりダイエット
投稿口コミ数「0」 件
太ももダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ふくらはぎダイエット
投稿口コミ数「0」 件
二の腕ダイエット
投稿口コミ数「0」 件