ダイエット=体重を減らすという思考からの脱却をまず持とう

痩せたい、ダイエットをしようと思った時、多くの人はいついつまでに、○キロ痩せよう!という目標を立てる事が多いかと思います。

特に、夏前であったり、年明けなど、具体的な目標が決まっていたり、予想外に太ってしまったといった場合にそう考える事は多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

カラダのラインがくっきりと見えるドレスや、タイトな袖にピタッとしたスカートなど、夏場などはどうしても見えてしまいますから、目標にしたくなります。

結婚式などでは、普段は着ない、ラインを強調させるようなドレスも着たりしますよね。

そうなってくると、何キロ落とそう!といった事を目標にするのが一般的ですし良くやることでもあります。

体型に自信が無いと、このような晴れの舞台でも、猫背になってしまったり、消極的な行動をとってしまいがちですから、スリムを目指す事は問題ではありませんしね。

体重以外にも気を配る事の大切さを知っておく

極端な話になりますが、本当に体重が落ちればいいのか?という事があります。
体重を落とすだけなら、正直な話、食べなければいいという事になります。

ですが、食べなければ生きてはいけませんし、体調も崩すし、色々問題が起きてしまいます。

また、食べないダイエットをして、バストもないガリガリの貧相なボディになったとき、あなたの体型は魅力的だと思うかを改めて考えてみましょう。

海外のセレブやテレビに映る方々を見ても分かるとおり、本当に魅力的なカラダの女性は、健康的に美しく痩せている人です。

朝ご飯を抜いたり、3食きちんと食べていないと、エネルギーが足りなくて、カラダは飢餓状態になってしまいます。

頭がボーとしているので、オシャレやメイクをする気力も湧かなくて、好みの男性が現れても、頭がボーとしているので、自分の魅力を生かすことが出来ません。

ダイエット=体重を落とすこと、では無いのですね。
体重を落とすことに目的をおいていると、トータルで見たときに、カラダは不健康で貧相なカラダになってしまいます。

もちろん、体重を落とさないとダイエットに成功したとは言えないかもしれませんが、体重を落とす事”だけ”ではないという事に気をつけておきましょう。

スポンサードリンク