ダイエットだけでなく食の基礎知識も身に付けよう

痩せたい!と思うと、ついついすぐダイエットを実践しようと思ってしまいます。
それ自体が悪い事ではないのですが、やはりいきなりやっても失敗する可能性も高くなってしまいます。

そして、何よりダイエットをしようと思っているにもかかわらず、その知識が欠けていては、やはり体に悪影響を与えてしまう事もあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

そもそも、ダイエットというと、つらい食事制限のイメージをする方が多くいます。

食事制限だけがダイエットではない事を知る

確かに、ダイエット=辛いと言ったイメージや、食事を削ってなんぼ。といった世界もあるにはあります。

ですが、それだけが全てではもちろんありません。

私たちのカラダは、基本的に口から入ってきた食べ物から成り立っています。
よくダイエットには、バランスの良い食事を摂りましょう…と言われますよね。

けれども、このバランスの良い食事っていったいなんだろう?と思った方も多いのではないでしょうか。

カラダが喜ぶ食事を取る

カラダが喜ぶバランスの良い食事は、糖質、脂質、たんぱく質などの三大栄養素プラス、野菜などをバランス良く加えた食生活のことを指します。

「ダイエットなのに、糖質や脂質も食べても大丈夫なの?」と思われるかもしれませんね。

けれども、私たちが普段食べている、ご飯にも糖質や脂質が含まれているんです。

良質な糖質や脂質も、カラダの細胞のお手伝いをして、新陳代謝を活発にしてくれたり、健康的なカラダをつくるお手伝いをしてくれます。

よく腹八部が大切といわれますが、ダイエットにもこれは言える事です。

早食いで食べてしまうと、ついつい食べ過ぎてしまったりと、思った以上にカラダに負担をかけてしまいます。

食事はゆっくりと時間をかけて食べましょう。
ちょっと物足りないかなくらいでストップするのが、食べすぎ防止にオススメです。

このように、ただダイエットの方法ややり方を知っていても、その他の知識がないと無駄になったり効果が半減してしまう事もあるのです。

しっかりと食の知識なども大切にしていきたいところではないでしょうか。

スポンサードリンク