痩せたいなら、消費カロリーとダイエットの関係を知っておこう

ダイエットをする時に、必ずと言って良いほどに耳にする言葉の1つが、カロリーです。

ランチ時間にコンビニへでかければ、多くの方が、ご飯やパンを片手にカロリーをチェックする姿が確認できるほどで、それほどまでに今となってはカロリーという言葉は日常で聞くワードとなりました。

スポンサードリンク

ここでは、カロリーの中でも、摂取カロリーと消費カロリーについてを見て行きましょう。

そもそも論にはなってしまいますが、自分の生活スタイルにおいて、摂取カロリーが多いのか、消費カロリーが多いのか、ご存じでしょうか?

自分の生活での摂取と消費のカロリーを知る事も大切

痩せるダイエット体質の方は、まさしく摂取カロリー(食べるカロリー)よりも、カラダが消費してくれるカロリーの方が多いため、自然と体重も落ちていくことになります。

反対に、摂取カロリー(食べるカロリー)が消費カロリーより多い人は、カラダはエネルギーの使われ先が見つからず、カラダに脂肪として蓄えるようになります。
太りやすい体質になってしまうのですね。

年齢と共に、消費カロリーは減っていく傾向に

一般的に、基礎代謝などのカラダの消費カロリーは、年を重ねるごとに減っていくものです。

このため、若いときと同じような高カロリーの食事や、寝る前に食べるなどの不規則な食生活をしていると、代謝の悪くなったカラダは、カロリーを消費できなくなってしまいます。

そうなると、当然ですが、結果として、太りやすくなってしまうことも充分にあり得ます。
このようなサイクルになってしまったら、カラダの消費カロリーをダイエットによって、高めることが大切です。

消費カロリーを高めるためにはどうすればいいのか

消費カロリーを高めるためには、まずはカラダに適度な筋肉をつけていくことが必要になります。

いままで、少しの距離であっても、エスカレーターやエレベーターを使って怠けていませんでしたか?

社会人になれば多くの人が、運動する機会がないという状態になる事が多いです。
そのため、階段がある場合には、なるべく階段を使ったりするなど、普段の生活の中でも少しずつ運動をする機会を設けるのが大切になってきます。

いつもより少し早歩きで動くようにしたりなど、少しずつでも構いませんので、心がけていくようにしましょう。

また同時に、これも当たり前の事にはなりますが、栄養バランスのととのった食生活も、カラダづくりの基本です。

スポンサードリンク