ダイエットをして痩せようと思ったら、バランス感覚を大事にダイエットを行おう

ダイエットをしようと思った時、ついついわかってはいるものの、焦ってしまったりする事があります。

特に、周りの人が成功した話を聞いたりなど、そういった「焦る」理由が見つかってしまった時は注意が必要です。 雑誌やテレビなどで見かける、芸能人のボディを見れば、焦ってしまいます。

スポンサードリンク

ウエストはきゅっと引き締まってすし、スカートから伸びる足は、カモシカのような、すらりとした美脚だったりします。

自分と色々な事・モノを比較してはいけない。

ついつい、自分の体型と見比べて、ため息をついたりする方もいるかもしれません。
焦って、早くちゃんとダイエットしなくちゃ!と思って、後先考えずに失敗してしまったなんていう経験は、あなたにも一度や二度はあるのではないでしょうか。

ダイエットの大前提として、バランスを大事にしなければなりません。

太るから、朝ご飯は食べないといった事や、昨日の夜、食べすぎたから、今日のランチは抜きといったような、そんな食べないダイエットをして、カラダに負担をかけていては、ダメなダイエットです。

食事を抜いてのダイエットは、あまり褒められたものではありません。
もちろん、短期的にどうしても何かのイベントがあって、そこまでといったちゃんとした理由があるなら、許容範囲内かとは思いますが、そうでなければ、やる意味など無いと言ってもいいくらいです。

カロリーだけを気にする痩せ方からは卒業しましょう

カロリーだけを気にしてしまうと、1日2食の方が、カロリーは低くなりますよね。

けれども、カロリーが低いだけで、本当に痩せるのでしょうか?

そんなもの、答えはわかりきっていますが、もちろん「No」です。
カロリーは多くても、3食きちんと食べていた方が、健康的な減量が期待できます。

なぜかというと、私たちのカラダは、食べていない時間が長ければ長いほど、次にいつ、きちんとした食事が摂れるか分からないので、カラダが必要以上にエネルギーを、溜め込んでしまうからなのです。

だから、朝ご飯抜き、昼ご飯抜き、夜ご飯抜きなど、空腹の時間をつくることは、自ら、太りやすいカラダを作っているようなもの。

今日からこんな不健康な方法はやめて、バランスの良いライフスタイルを送っていきましょう。

スポンサードリンク