ダイエットの天敵でもあるリバウンドをしないように心がける

ダイエットをする場合に、必ずこの言葉が出てきますし、聞きたくない言葉でもある「リバウンド」。
過去に痩せようとダイエットをした人も、このリバウンドにあってしまったという方も、少なくないのではないでしょうか。

一時的に体重が落ちたけれども、またしばらくして体重計に乗ったら、リバウンドをして増えてしまった…。

スポンサードリンク

こんな経験はダイエットをした事のある方なら、一度や二度体験したことがあるはずです。

最悪の事態にならないように注意する

一番最悪なのは、リバウンドによって、ダイエット前よりも、体重が増えてしまうということもあります。

こうなると、気分も落ち込んでしまいますし、もう一度ダイエットを頑張ろうなんて気持ちにはなかなかなれなくなってしまいます。

さらにもっともういいや。と投げやりになって、さらに食べてしまったり気にしなくなってより太る。という事は、よくある悲しい悪循環でもあります。

減らした分が戻っただけという場合もある

たとえば、少し前に流行った断食などの食べない食事療法、そしてリンゴや豆腐、フルーツなどの単品で体重を落としたとします。

カロリーの摂取が低いので、一時的には体重が減ったかのように見えますが、元の食生活に戻してしばらくすると、体重が元のように戻ってしまうことに気がつくでしょう。

このため、うまく体重がコントロールできない焦りから、必要以上にお菓子やご飯などを食べすぎてしまったりします。
こうなると、痩せるどころか、太るための体質を作っていることになりますよね。

痩せないことのイライラから、ストレスがたまり、食べ過ぎてしまうとしたら、本末転倒です。
賢く痩せるためには、短期間ではなく、長い目で自分のカラダと付き合っていくことが大切です。

しっかり長期視野で考えて行っていくのも大事

極端なダイエットや断食などは、長期間行えるものではないですよね。

何か一時的な避けられない目的があって、そのために行うという明確な目的があるのなら、まだ良いのですが、ただ単に痩せたいから一時ランチ抜きなんてしてしまうと、もう取り返しがつかなくなってしまいます。

削れば削っただけ落ちますが、その分元に戻した時は当然ですが戻ってきてしまいます。

毎日の生活に、適度な運動を取り入れながら、バランスの良い食生活をおこなっていくのが理想的なダイエットの方法です。

一食抜いたり、過剰なダイエットにしたりすれば、その分リバウンドなどのマイナス面がドンと返ってくる可能性は高くなります。

無理のない範囲で体脂肪や体重を落としていくスタンスが、リバウンドを防いでくれますし、体への負荷も少なくなりますので、注意しましょう。

スポンサードリンク