体重重視ではなく、全体のスタイル重視のダイエット術を採用する

「その人の年齢は、後ろ姿にあらわれる。」
何の雑誌かテレビだったかは忘れましたが、上記のような名言を見たことがあります。

たとえ、年齢を重ねていたとしても、適度に筋肉がついていて、すらりと背筋が伸びた後ろ姿は、やはり美しいものです。

スポンサードリンク

ただ痩せるとなると考えるのではなく、こういうスタイル美人になれるような事を考えながらやっていくのがおすすめです。

マイナス何キロではなくバランス良くを

ダイエットを考えていく時、多くの女性がこう考えます。
「いついつまでにマイナス○キロダウンしたい」と体重を落とす事に、必死になる傾向が強いです。

けれども、あなたの体重がどのくらいあるのか、言わない限りわかりませんよね?

周りの人があなたを見たときに、体重よりも、カラダのバランスを観ていることが多いものです。

例え話ですが、同じ体重が50キロの女性がいたとします。

1人は適度に運動もしてバランスの良い食生活をしているダイエット美人。

適度に筋肉がついていて、すらっとした体型です。

もう1人はダラダラ猫背で歩くことが大好き、ダイエット不美人。
ボディはしまりがなく、あちこちに隠れ脂肪がついているので、洋服のシルエットも決まりません。

もし自分が男性だったとしたら、どちらの女性が魅力的だと思うのか、女性であればどちらのタイプになりたいのか、考えれば言わずもがなではないでしょうか。

当たり前ですが、前者ですよね。
同じような体重であっても、筋肉と脂肪がバランス良くついたカラダは、バストはツンとしていて、ウエストは締まりがあり、足首はきゅっとくびれています。
適度な筋肉とバランスの良さがスタイル美人

ダラダラ生活をしている不美人の方は、筋肉がついていないので、しまりのない脂肪があちこちに目立ち、せっかく綺麗な洋服を着ても、美しく見えませんよね。

目標体重○キロは、あくまで目標のひとつの話。
これを設定する事が悪い事ではありません。

目標があったほうが張り合いが出ますし、目指す道がより明確になって良いとも言えます。
ですが、それだけを目指してはいけないというお話です。

体に適度な筋肉もつけて、痩せながら魅せれるスタイル美人を目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク