チャンプルやスムージーなどで有名なゴーヤ。
健康的にも良くダイエットにも効果的でおすすめな食材

ゴーヤと言えば、沖縄名物のゴーヤチャンプルが有名です。
また、苦みの強い野菜としても知られているゴーヤですが、実はこのゴーヤがダイエットにいいと言われているのをご存じでしょうか。

ゴーヤ自体が健康に良いという事はよく知られているものですが、ダイエットにいいというのは初耳という方も多いかもしれません。

沖縄に住んでいる方や沖縄出身の方以外では、そもそもゴーヤを食べる機会は少ないかもしれませんし、沖縄料理屋でゴーヤチャンプルを食べた事しかないという人も多いかもしれません。

ですが、せっかくゴーヤダイエットが良いという情報があるのですから、この機会にぜひゴーヤダイエットを始めてみてはどうでしょうか。
ここでは、そんなゴーヤダイエットについてご紹介しています。

スポンサードリンク

まずは正しいゴーヤダイエットのやり方を知っておこう

ゴーヤダイエットのやり方についてですが、非常に簡単です。
というのも、毎日の食事の中にゴーヤを取り入れていくだけの、いわゆるゴーヤに置き換えて、ゴーヤを追加して行うダイエットだからです。

おかずにする予定だった野菜炒めにゴーヤを混ぜるといったことでもいいですし、ゴーヤを使った簡単な一品を取り入れるだけでもいいのです。

ただ、ゴーヤは苦みがある食べ物です。
そのまま食べることに抵抗があるという方も多いかもしれませんので、そういった場合はジュースやスムージーにして飲むようにするかたちでも問題ありません。

どのような形でも構いませんので、とにかく食生活の中にゴーヤを取り入れるだけのお手軽なのがゴーヤダイエットのやり方です。

そもそも、なぜゴーヤがダイエットに効果的なのか

「良薬は口に苦し」とよく言いますし、苦みの強いゴーヤというのはなんとなくそれだけで体によさそうな気がするものですが、そもそもなぜゴーヤがダイエットに効くのかも見ておく必要があります。

実際ゴーヤには、さまざまな栄養素が含まれています。
ですから、ダイエットという枠だけではなく、健康面を考えた時にもぴったりの野菜なのです。

しかしながら、なぜゴーヤはダイエットに効果的なのでしょうか。

脂肪燃焼の促進

まず、ゴーヤは脂肪燃焼を促進してくれます。
リパーゼという脂肪を分解してくれる酵素があるのですが、ゴーヤに含まれている成分がこのリパーゼの働きを促進してくれるのです。

リパーゼが体の中でしっかりと働いてくれるようになると、名前の通り、脂肪を分解してくれます。

分解された脂肪というのは、燃焼されやすくなります。
だからこそ、ゴーヤを食べると脂肪燃焼が促進されるのです。

そもそも体に脂肪がついてしまうのは、消費できない脂肪がそのまま体にたまってしまうからで、脂肪をしっかりと燃焼することができれば、無駄な脂肪もつかなくなるのです。

脂肪の吸収も抑えてくれる

また、脂肪を分解して燃焼しやすい状態にすることも大切なのですが、逆に脂肪をそもそも吸収しないようにすることも重要になってきます。

ゴーヤはありがたいことに、脂肪の分解・燃焼だけで無く、そもそもの吸収も抑えてくれるのです。

ゴーヤには非常に豊富な食物繊維が含まれています。
この食物繊維は、脂肪を絡めとってくれるので脂肪の吸収を抑えることができるのです。

食物繊維といえばお通じにいいというイメージがあるかと思いますが、そのイメージの通り、お通じの改善も期待できます。
脂肪をしっかりと絡めとった上で、お腹の中もスッキリとさせてくれるのです。

カリウムでむくみも解消へ

また、ゴーヤにはカリウムも多く含まれています。
カリウムは、むくみを解消してくれることで有名な成分です。

むくみというのは長時間同じ姿勢でいることによって血流が悪化してしまうことによって引き起こされることもあるのですが、塩分のとりすぎで引き起こされることもあります。

現代人にとってはどちらもよくあることなのですが、後者の塩分のとりすぎでむくみが起こっている場合、ゴーヤのカリウムがしっかりと働いてくれるでしょう。

というのも、とりすぎた塩分を減らして、体の水分バランスを保ってくれるのがカリウムなのです。
実は、太ったなぁ…と嘆いている方の中には、本当に太ったというわけではなく、むくみで一時的に体重が増えている方も少なくないのです。

そういった方であれば、カリウムによってむくみが改善されるだけでも体重も見た目も大きく変わってくるでしょう。

簡単だけど意外な落とし穴?ゴーヤダイエットの注意点

ゴーヤダイエットにおける注意点ですが、まずは調理について注意すべきところがあります。
それが、ゴーヤのダイエット効果を高めるには、相性のいいオイルでさっと炒めるのがいいと言われている点です。

というのも、オイルで炒めることによってゴーヤの成分が吸収されやすくなるのです。

しかしながら、長時間炒めてしまうとせっかくの成分が減ってしまうため、ゴーヤダイエットをするのであれば、食べる分だけをさっとオイルで炒めて完食するようにしましょう。

また、ゴーヤの苦みが苦手だからと塩もみをする方もいますが、ただの食事であれば構わないのですが、ダイエットのためにゴーヤを使うのであれば塩もみはできるだけ避けるようにしましょう。

塩もみすることによって、苦みだけではなくせっかくの成分も抜け落ちてしまうのが理由で、そうなってしまうと、いくら食べやすくなってもダイエット効果は半減してしまいます。

ゴーヤの苦みが苦手な方は、ゴーヤを薄くスライスしたり、細かく刻んだりして苦みをあまり感じないような形で摂取していくようにしましょう。

フルーツジュースやスムーズにゴーヤを入れるといった形であれば、苦みが苦手な方でも楽に摂取することができるかもしれませんのでおすすめですよ。

沖縄以外の人の場合、意外と知ってても馴染みがないという方も多い「ゴーヤ」ですが、健康的な観点から見たら非常に優れた食材です。
ぜひゴーヤダイエットで健康的にダイエットチャレンジしていきましょう!

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

玄米ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
黒豆ダイエット
投稿口コミ数「1」 件
チョコレートダイエット
投稿口コミ数「0」 件
さつまいもダイエット
投稿口コミ数「0」 件
みかんダイエット
投稿口コミ数「0」 件
アサイベリーダイエット
投稿口コミ数「0」 件
玉ねぎダイエット
投稿口コミ数「0」 件
朝バナナダイエット
投稿口コミ数「0」 件
味噌汁ダイエット
投稿口コミ数「0」 件