見ただけでは、お酒?と思うかもしれませんが、ビール酵母ダイエットは実は今人気を集めている方法の1つです

ビール酵母ダイエットというものをご存知でしょうか。
最近では酵母を使ったダイエットが注目を浴びているようですが、ビール酵母ダイエットというのはそういったダイエットのひとつになります。

そもそもビール酵母について知らない方にとっては、まったく想像もつかないダイエット法かもしれません。
ここでは、今注目されているビール酵母ダイエットについてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

そもそも、なぜビール酵母はダイエットに効果的なのか

ビール酵母には非常に多くの食物繊維が含まれています。
食物繊維は水分を含むことによって、膨張していきます。

ビール酵母入りのヨーグルトを食べることによって、ビール酵母がヨーグルトの水分を吸って、お腹の中で膨らむのです。

そのため、まず満腹感を得られるようになります。
その満腹感で1食分を浮かせることもできますし、食前に食べれば食事で食べる量を減らすことができるという好循環を生んでくれます。

そして、ビール酵母がお腹の中で膨らむことによって、食べる量を抑えていくことができますし、それはイコールカロリーを抑えることにもつながるのです。

腸内環境にも期待できる

また、ビール酵母というのは食べる量を減らすというだけではありません。
ビール酵母は腸を刺激してくれますので、お通じの改善にも期待ができるのです。

ビール酵母をなぜヨーグルトと一緒に食べるのか疑問に思っていた方も多いでしょうが、ビール酵母で腸を刺激し、ヨーグルトで腸内環境を改善していくというふたつの働きを期待してのことなのです。

お通じの改善によって、お腹周りがスッキリするだけではなく、体重にも変化が起こってくるでしょう。

豊富な栄養素で低カロリー

また、ビール酵母はさまざまな栄養素を含んでいます。
ビタミンやミネラルなど現代人が意識して摂取していきたい栄養素はもちろん、元気でいるためには欠かすことのできないアミノ酸なども含まれているのです。

さまざまな栄養素が含まれているのに、カロリーはほとんどありません。
それなのにお腹も膨れるのですから、まさにダイエットのためにあるものといっても過言ではないかもしれません。

多くの方がダイエットを行うと、何かしらの栄養不足になってしまったり、栄養の偏りを起こしてしまったりしやすくなります。
しかしながら、その点、ビール酵母ダイエットであれば、そういった心配もなく、むしろ栄養の補給にも繋がると言えます。

ビール酵母にはアルコール成分はない

ちなみに、よくある質問の代表格がビール酵母というとアルコール成分が含まれているのでは?という質問です。

当然ダイエットに置き換えるにしても、アルコールと聞くと抵抗感もありますし、お酒が好きではなかったり強くないという方であればより不安に感じている方もいるかもしれません。

しかしながら、安心してください。
ビール酵母にはアルコール成分は含まれていません。

そのため、ビールが飲めないという方、ビールを含めてアルコール全般がダメだという方でも安心して、ビール酵母ダイエットを実践していくことができるのです。

まずはビール酵母ダイエットのやり方について

ビール酵母ダイエットのやり方についてですが、まずは市販されているビール酵母を購入します。
錠剤になっているサプリメントタイプのものもあるのですが、ビール酵母ダイエットでは基本的に粉末のものを使っていきますので、間違えないようにしましょう。

市販の粉末タイプのビール酵母を購入したら、それをヨーグルトに混ぜて、それらを1食分として1日3食のうちの1食と置き換えていく事になります。

置き換えるタイミングとしては、できれば昼か夜に置き換えるのがオススメで、ビール酵母ダイエットというのは、これを毎日続けていくという方法になります。

ビール酵母そのものだと美味しくない?

ちなみに、ビール酵母というのは単体で口にしても、実はそうおいしいものではありません。
結構クセがありますので、そもそもそのままというのが難しく、ヨーグルトと一緒でも食べにくいと感じてしまう方もいるかもしれません。

そういうときには、ジャムやフルーツを加えてもいいでしょう。
自分なりに食べ続けられるような組み合わせを見つけていくことも大切です。

「いきなり1食と置き換えるのには抵抗があるかも…」という方の場合には、間食としてビール酵母入りのヨーグルトを食べるのもおすすめです。

また、食前にビール酵母入りのヨーグルトを食べるという方も多くいます。

ビール酵母ダイエットの注意点について

万能にも思えるビール酵母ダイエットですが、いくつか注意点があります。

まずは、ビール酵母に含まれる核酸についてです。
核酸も人間の体には必要なものなのですが、痛風の方に限っては核酸は避けるべきものです。

そのため、痛風の方にはそもそもビール酵母ダイエットは向かないどころか、実際にやらないほうが良いダイエットになります。

サプリタイプではなく粉末タイプを使う

また、ビール酵母ダイエットにあたって、錠剤になっているサプリメントを取り入れるところから始めようと思っている方もいるかもしれません。

しかしながら、ビール酵母のサプリメントの利用者の中には、「ビール酵母サプリメントを飲み始めたことによって食欲が増進されて、むしろ太ってしまった」という方も見られます。

サプリメントになってくるとビール酵母以外の成分も含まれてくる事が十分に考えられます。
もちろん、可能なサプリメントもあるかもしれませんが、何のサプリなのかによっても微妙に変わってきますし、サプリによって目的なども異なる可能性があります。

そのため、ビール酵母ダイエットをサプリメントで実践するというのは避けておくようにして、あくまでも粉末のビール酵母をヨーグルトと一緒にという形で進めていきましょう。

知ってるようで実は知らない「ビール酵母ダイエット」ですが、どうでしょうか。
気になるという方は、ぜひ注意事項をまもりながら実践して健康的なダイエットにしていきましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

みかんダイエット
投稿口コミ数「0」 件
生大根ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
アイーズダイエット
投稿口コミ数「0」 件
はちみつダイエット
投稿口コミ数「0」 件
梨ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
耳ツボダイエット
投稿口コミ数「0」 件
おにぎりダイエット
投稿口コミ数「0」 件
夜ヨーグルトダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ナッツダイエット
投稿口コミ数「0」 件