低カロリー食品として人気のちくわで
健康的にダイエットに挑戦してみませんか?

非常に身近な食品であるちくわですが、実はちくわを使ったダイエットがあるのをご存知でしょうか?
そのまま「ちくわダイエット」と呼ばれている方法ですが、ここではそのちくわダイエットについてご説明していきたいと思います。

一見ダイエットとは無縁に思えるちくわですが、実は、意外にも役立ってくれる食品なんです。

スポンサードリンク

ちくわダイエットの方法

ちくわダイエットの方法は非常にシンプルです。
まずは、毎日の食事の中にちくわを取り入れていく、というだけになります。

間食として、ついついお菓子を食べてしまうという人は、お菓子の代わりにちくわを食べていくようにしましょう。

ちくわだけを食べていくのではなく、あくまでも今まで食べていたものの中にちくわを取り入れていくという方法になります。

ちくわダイエットで期待できる効果

ちくわは、低カロリーで低脂肪、しかも高タンパクな食べ物です。
つまり、ちくわ自体が、実は非常にダイエットに向いている食品という事でもあります。

まず低カロリーということで、毎日の摂取カロリーを抑えていくことができます。
また、低脂肪なので、脂肪分に関しても安心して食べることができます。

そして、高タンパクという部分についても、忘れてはいけない特徴の1つになります。

そもそも、ちくわダイエットをする際には、有酸素運動を並行しておこなうといいと言われているのですが、タンパク質というのは体の骨や筋肉を構成しているだけではなく体の代謝にも関係しているのです。

つまり、運動をしながら高タンパクなちくわを摂取することによって、より魅力的な肉体に近づけますし、代謝もよくなっていくのです。
ただ単に体重を減らして痩せるというだけではなく、健康的な体を作っていくことができるのです。

また、ちくわにはビタミンB12が含まれていますので、これがエネルギー代謝や脂質の代謝効果にも働きかけてくれますし、脂質の代謝というのはやはりダイエットにおいても重要なポイントになってきます。

ちくわダイエットのレシピ

味がしっかりとしているちくわだからこそそのまま食べてもおいしいのですが、同じ食べ方ではさすがに飽きてしまうという方も多いはずです。
ちくわはいろいろなアレンジができる食品なので、レシピを試しながらダイエットを継続していきましょう。

ここでは、ちくわを使ったレシピについていくつか紹介していきましょう。

ちくわチャーハン

まずは熱したフライパンに卵を投入します。
半熟になったところで、ご飯を入れます。

軽く混ぜて、細かく切ったちくわや野菜、ハムなどを投入していきます。
ちくわ以外の具材はダイエットを意識したものが望ましいですが、好きなものを入れても大丈夫です。

あとは塩コショウなどで味を調えるだけでできる簡単なレシピで、味付けの塩は岩塩などにしておくと、塩分量を控えることができます。

ちくわ鍋

ちくわは煮ても焼いてもおいしくいただくことができます。
魚の白身からできているちくわなので、お鍋に入れると、これも非常においしくなるんです。

ちくわや野菜をたっぷり入れて、煮るだけの簡単レシピになります。
味付けはだしやおしょうゆ、ここでも岩塩を使ってみるといいかもしれません。

お鍋にすると野菜もたっぷり摂ることができますので、ダイエットにも最適です。
煮れば煮るほどちくわは柔らかくなっていきますので、食感の違いも楽しむことができて、少し変化を加えられます。

寒い時期になれば、おでんとしても楽しめるので、色々と煮込んで楽しみながらできるレシピと言えます。

ちくわの穴に好きなものを入れるだけのレシピも

ずぼらな人におすすめなのが、ちくわの穴に好きなものを入れるだけのレシピです。

定番は、キュウリをちくわの穴に入れるものがあります。
小さい頃に親が作ってくれていたお弁当に入っていたという人も多いのではないでしょうか。

定番はやはりキュウリなのですが、それ以外にもいろいろなものを入れて楽しむことができます。
チーズをいれるという人もいますし、オクラを入れるという人もいますし、スイートコーンなどを詰め込んで、楽しんでみるのも手です。

ちくわダイエットをする際の注意点

ダイエットにおいて魅力的なちくわですが、注意しておきたいのが塩分についてです。
というのも、ちくわというのは1本あたり約0.6グラムもの塩分を含んでいて、思った以上に多くの塩分が含まれています。

だからこそ、食べ過ぎてしまうと、逆に体に悪影響が出てきます。
特に、高血圧などで塩分の制限をしている人であればちくわダイエットは避けたほうがいいと言えますので注意しましょう。

ちくわに限った事ではありませんが、なんでも食べ過ぎるという事は、あまり良くない事に繋がりかねませんし、適度にするのが大切です。

食べ過ぎてしまうと、高血圧や動脈硬化を引き起こす可能性がありますし、仮にそこまでいかなくとも、むくみなどを感じるようになるかもしれませんので、くれぐれも塩分の量には気をつけていきましょう。

ちくわダイエットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
注意したいのは塩分の部分ですが、それ以外の面では非常に魅力的な食品ですから、賢く食べて上手にダイエットに活かしていきたいところです。

低カロリー、低脂肪、高タンパクなちくわを食生活に取り入れて、健康的なダイエットをしていきましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

みかんダイエット
投稿口コミ数「0」 件
チョコレートダイエット
投稿口コミ数「0」 件
梅干しダイエット
投稿口コミ数「0」 件
オリーブオイルダイエット
投稿口コミ数「0」 件
おからダイエット
投稿口コミ数「0」 件
アサイベリーダイエット
投稿口コミ数「0」 件
カレーダイエット
投稿口コミ数「0」 件
夜キャベツダイエット
投稿口コミ数「0」 件
生姜ダイエット
投稿口コミ数「0」 件