え?チョコレートを食べてダイエットに?
カカオがポイントのチョコレートダイエットを大解剖!

チョコレートダイエットについてご存知の方も多いかと思います。
芸能人でもチョコレートダイエットに成功した方は多いですし、チョコレートを好む方の中にはスレンダーな方も多いものです。

しかしながら、チョコレートと言えば、やはり甘いお菓子というイメージがつきものですし、それゆえにどちらかというと太ってしまうイメージが強いものです。
そんなチョコレートでダイエットができるというのは、知らなかった方からしてみれば、やはりかなり衝撃的なのではないでしょうか。

ここでは、そんなチョコレートダイエットについてお話ししていきたいと思います。

スポンサードリンク

チョコレートダイエットのやり方について

チョコレートダイエットというと、多くのダイエットの手法の1つのような置き換えと思うかもしれません。
いわゆる、食事の代わりにチョコレートを食べたり、普段の食事の中にチョコレートを加えたりといったものですね。

しかしながら、さすがのチョコレートダイエットもそこまで都合が良い方法ではありません。

チョコはチョコでも70%以上を使うのが決め手

まず、チョコレートダイエットでは市販されているような甘いミルクチョコレートを使うわけではありません。

中にはこの時点で「え!?」と思っている方もいるかもしれません。
チョコレートダイエットでは、カカオ70%以上のチョコレートを使っていくことになります。

実際にカカオ70%以上のチョコレートを食べたことのある方であれば、お分かりになるかと思いますが、実はカカオ70%以上のチョコレートというのはかなり苦みを感じるものです。

甘いチョコレートを食べ慣れている方にとっては、これはチョコなのか?と感じてしまう事もあるほど、別物を食べているような感覚になるかもしれません。

このカカオ70%以上のチョコレートを1日に50gほど食べていくことになりますが、これを板チョコで換算すると、ちょうど半分くらいの量になります。

これだけの量のチョコレートを1日にちょっとずつ食べていのです。
タイミングとしては、食前か食後がおすすめです。

食事とチョコレートの間隔は、10分から20分ほど空けておくといいといわれていますので、1日3食の食前か食後にチョコレートを食べるようにしましょう。

なぜチョコレートがダイエットに効果的なのか

チョコレートというと、甘いお菓子というイメージがどうしてもつきものかと思います。
コンビニ、スーパーなどで売られているものなどが代表的ですが、多くが甘いチョコレートになっています。

同じように少し高級な百貨店などで売られている宝石のようなチョコレートは、それ一粒でも立派なスイーツです。

しかしながら、先でもお話ししましたようにチョコレートダイエットではカカオ70%以上のチョコレートを使っていくことになります。
ここでポイントなのが、なぜカカオ70%以上のチョコレートがダイエットに効果的という点なのです。

そもそも、チョコレートにはポリフェノールが含まれています。
このポリフェノールは、血流を改善してくれますので、それが新陳代謝につながってきます。

また、ストレスにも効果がありますので、ダイエット中に感じてしまうストレスからも守ってくれます。
ストレスなく、より痩せやすい体にしてくれるのです。

そして、チョコレートを食べることによって血糖値が上がります。
血糖値が上がるというと、つい体に悪いようなイメージがあるかもしれませんが、悪いばかりではありません。

これによって食欲を抑えることができるのです。

まず食前にチョコレートを食べることによって、食べ過ぎてしまうのを防ぐことができますし、食後にチョコレートを食べればその後の間食を防ぐこともできるのです。

食欲の抑制、言い換えれば食べ過ぎの防止というものがチョコレートダイエットにおいては、大きなポイントになってくるのです。

チョコレートダイエットとは言っていますが、基本的にはカカオの成分によって可能なダイエットなのです。
カカオ70%以上のチョコレートを使うというのも、まさにカカオの成分のためなのです。

カカオのパーセンテージが上がっていけば上がっていくほど苦くなっていきますが、その分、ダイエット効果も期待できるという事になります。

チョコレートダイエットの注意点について

チョコレートダイエットの注意点について最後にまとめておきましょう。
まず理解しておきたいのがチョコレートダイエットは、チョコレートだけを食べればいいというわけではないということです。

というのも、あくまでも栄養バランスの取れた食事の前後にチョコレートを食べることに意味があるのです。

チョコレート自体もいろいろな栄養素を含んでいるものですが、チョコレートだけで栄養を取っていくことはできませんし、チョコレートばかりを食べていれば栄養も偏ってしまいます。

これでは本末転倒ですので、基本は栄養バランスの取れた食事であるということを忘れないようにしましょう。

また、チョコレートの食べ過ぎにも注意が必要です。
というのも、もともとチョコレートというのはカロリーの低いものではありません。

むしろ、カロリーは高い部類になりますので、カカオ70%以上のチョコレートであっても食べ過ぎれば当然太ってしまうのです。
きちんと解説した1日板チョコの半分ほどの量を守って、チョコレートダイエットを続けていかなければなりません。

また、くれぐれも甘いチョコレートを食べてダイエット!なんて事は考えず、しっかりカカオ70%以上を守るようにしましょう。

もちろん、たまに甘いミルクチョコレートをご褒美がてらに食べるくらいであれば問題はないでしょうが、くれぐれも甘いチョコを食べ過ぎてしまったなんて事は逆効果になりますから、注意しておきましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

昆布ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
豆腐ダイエット
投稿口コミ数「2」 件
白湯ダイエット
投稿口コミ数「1」 件
おからダイエット
投稿口コミ数「0」 件
はちみつダイエット
投稿口コミ数「0」 件
マスタークレンズダイエット
投稿口コミ数「0」 件
まいたけダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ほうれん草ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
納豆ダイエット
投稿口コミ数「0」 件