え?鍋の定番食材のえのきでダイエット?
そんなえのきダイエットの方法と注意点の総まとめ

キノコ類が健康的やダイエットに良いということを、知っている方も多いかと思います。
しかしながら、その中でも「えのき」がダイエットにいいというのは初耳という方も多いかもしれません。

えのきというと鍋の定番具材のイメージで、あまりダイエットに結びつかないと思うう方もいるかもしれませんが、そんなえのきダイエットについてまとめています。

スポンサードリンク

まずは知っておきたい!えのきダイエットのやり方

えのきダイエットは、手間をかければかけるほど効果的になります。

定番でもあり一般的な食べ方でもある、えのきをそのままお鍋に入れて食べるという形でも、ダイエット効果がまったくないというわけではありません。

しかしながら、えのきダイエットを効果的するのであれば、一度えのきを乾燥させましょう。

えのきを買って来たら、そのえのきを一度バラバラにします。
そして、ざるなどの上に乗せて、天日干しで乾燥させていきます。

細かくバラバラにしていけばしていくほど、早く乾燥しますのでできるだけ細かくバラしていきましょう。
天気やえのきのバラし具合によって時間は変わってくるのですが、えのきが乾燥して茶色くなってきたらOKです。

乾燥したえのきが完成したら、今度は包丁で細かく刻んでいきましょう。

刻んだえのきを料理などに使っていくのもいいのですが、えのき茶という形で摂取していくのもいいと言われています。

えのき茶といっても煎じて飲むわけではありません。
乾燥させて細かく刻んだえのきをティースプーン1杯、マグカップに入れて、お湯を注ぐだけの簡単なお茶です。

お茶というよりもスープといったほうがいいかもしれません。
えのきが好きな方であれば問題なく飲むことができるでしょうが、えのきが苦手な方にはクセがあるかもしれません。

基本的にはこのように乾燥させたえのきを細かく刻んで、それを料理やお茶などで摂取していくというのがえのきダイエットになります。

ただ、食べ過ぎはいけませんので1日に多くとも150gほどに抑えておきましょう。
スーパーなどで売られているえのきが1パック150gから200gほどになりますので、まずはその半分くらいの量からスタートするといいかもしれません。

なぜえのきがダイエットに効果的なのか

確かにえのきを含めたキノコ類というのは、ヘルシーなイメージがあります。
しかしながら、えのきがダイエットに効果的というのはイマイチわからないという方も多いでしょう。

では、なぜえのきがダイエットに効果的なのかというと、それは、えのきに含まれている成分が大きく関係してきます。

エノキタキケリノール酸

えのきには、エノキタケリノール酸という成分が含まれているのです。
実は、このエノキタケリノール酸には内臓脂肪を減らしてくれる働きがあるということがわかっています。

内臓脂肪というのは、言うまでもなく落としにくい脂肪です。
その内臓脂肪を減らしてくれるエノキタケリノール酸というものがえのきには含まれているのです。

キノコキトサン

もちろん、ダイエットに効果的なのはこのエノキタケリノール酸だけではありません。
えのきにはキノコキトサンという成分も含まれているのですが、これも脂肪の吸収を妨げてくれる働きを持っているのです。

このように内臓脂肪を減らしてくれるだけではなく、脂肪の吸収を妨げてくれる働きも期待できるのでえのきにはダイエット効果があるといわれているのです。

えのきダイエットの注意点について

えのきダイエットには、いくつかの注意点があります。
まずはえのきを乾燥させて細かく刻むというところについてです。

えのきはそのままでもダイエットに使っていくことができるのですが、より効果的にするためには乾燥させて細かく刻むというステップが必要になってきます。

というのも、えのきというのはかなり食べ応えのあるものです。
お鍋などでえのきをよく食べるという方であれば、その繊維の強さはご存知かと思います。

歯に挟まるとなかなか取れないですし、場合によっては原型をとどめたまま排出されることもあります。
このように繊維が強いえのきは、非常に強い細胞壁を持っています。

それを壊すことによってダイエットに効果的な成分を引き出し、吸収することができるわけです。
そのため、手間に感じても乾燥させて細かく刻むというのは是非実践しておきたいポイントなのです。

また、えのきは食べ過ぎることによってお腹を壊してしまうこともあります。
特に、お腹の弱い方は注意が必要です。

ダイエットのために体を悪くしてしまっては元も子もありませんので、食べ過ぎなどには要注意で、先ほど述べたように1日に150gほどに抑えておくということも大切なのです。

えのきダイエットは効果的だと言われますし、実際にかなりの変化を遂げた方もいます。
だからこそ、えのきを大量に食べようとする方もいるのですが大量に食べたからといって即効性が出てくるわけでもありません。

乾燥させて細かく刻んだえのきを1日あたり150gほどに抑えて、それを続けていくようにしましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

キムチ納豆ダイエット
投稿口コミ数「1」 件
はちみつダイエット
投稿口コミ数「0」 件
味噌汁ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
マスタークレンズダイエット
投稿口コミ数「0」 件
さつまいもダイエット
投稿口コミ数「0」 件
柿ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
コーヒーダイエット
投稿口コミ数「0」 件
オリーブオイルダイエット
投稿口コミ数「0」 件
そうめんダイエット
投稿口コミ数「0」 件