芸能人もチャレンジしたまいたけダイエット!
美味しく毎日食べて健康的に体に優しく痩せましょう

今回紹介する「まいたけダイエット」は、お笑い芸人が挑戦して成功した事で、テレビ番組でも紹介されて一躍人気に火が付いたとも言えるダイエット方法です。

簡単にざっくりとだけかいつまんで説明しますと、まいたけを毎日30g~50gほど食べることで、痩せる事を目指すというダイエット法になります。

スポンサードリンク

普通のきのことまいたけでは違うのか?

当サイトでも解説していましたが、きのこダイエットでも良さそうなものですが、まいたけには他のきのこにはない成分があるのです。

それが「MXフラクション」という成分になり、体内の中性脂肪や血液中に潜む悪玉コレステロールの分解を促進してくれる成分になります。
この成分を摂取することで、代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくするというわけです。

また、これだけではなく他にも免疫力を上げる力や腸の動きを活発化させる作用もあり、総合的にまいたけはダイエット向きの食品だと言えます。
きのこ類は、カロリーそのものが元から低い食品でもありますから、安心して食べることができます。

ただ、これは後述もしますが、まいたけを毎日食べるためには工夫が必要です。
よほどの人でなければ、同じ料理では飽きてしまいますし、段々と食事がつまらなく感じてしまって、まいたけダイエットを続けられなくなるという人が間違い無く多数います。

まいたけダイエットレシピはたくさんありますから、いろいろと挑戦してみましょう。

まいたけでダイエットの効果はどれくらいか

まいたけダイエットの効果は、体質改善のサポートや免疫力の上昇、腸の活発化などといった、健康面で重要な効果を発揮してくれます。

このまいたけダイエットで利用するまいたけですが、全体的に体の機能を上げてくれる食材です。
それ故にダイエット食品として注目され、まいたけダイエットなるダイエット方法も考案されました。

まず、他のきのこにはない、まいたけにのみ含まれているという「MXフラクション」は、血液の中のコレステロール、中性脂肪や血糖値を下げるなどの効果があります。

「MDフラクション」という成分には免疫活性化作用というものがあり、老化予防や風邪の予防にも効果的だと言われています。

また、まいたけの中にある「不溶性食物繊維」によって、腸の動きも格段に良くなります。
それというのも、どの食品よりも食物繊維が多く含まれているとされている、ごぼうの5倍もの食物繊維が含まれているのです。

さらに、まいたけには脂肪の吸収を抑えてくれる「キノコキトサン」という成分も含まれていますから、これらの成分が含まれたまいたけで行うダイエットは、かなり効果も期待できると言えます。

実際に実践するためのやり方と方法

最初にも軽く書いていたとおり、まいたけダイエットのやり方は、毎日まいたけを30gから50g食べることですから、それほど難しいことではありません。

ですが、調理方法によっては、まいたけダイエットをする意味が無くなってしまいますから注意が必要です。

すばやく加熱を行う

まいたけに含まれる重要な成分である「MXフラクション」と「MDフラクション」は、水溶性で熱によって抽出される成分です。

そのため、料理を行う際には、すばやく加熱を行なわなければ、せっかくの成分が流れ出してしまいます。

成分が流れ出さないよう工夫をするか、もしくは流れる前に加熱を終了させなければなりません。

また、スープなどの具材と使用する場合には、黒い煮汁も使うように心がけてください。
この煮汁は、熱で溶け出した成分ですので、捨てるのはかなり勿体ないので止めましょう。

水洗いなどにも注意が必要

後は、まいたけダイエットで利用するまいたけは、できるだけ水洗いは避けた方が良いですね。

スーパーなどで売られている物は基本的にキレイですので、そのまま使っても問題はありません。
どうしても気になるのでしたら、サッと切り口のみ水で流すか、切り落として使用すると良いでしょう。

飽きないための工夫を凝らすまいたけレシピ

まいたけダイエットのレシピの主材料であるまいたけは、他のきのこと同様に、基本的に淡泊ですから、いろいろな料理の具材として利用することができます。

お鍋やスープ、炊き込みご飯の具材などにしますと、流れ出しやすい成分も合わせて摂ることができますから効果的です。

まいたけダイエットのレシピとしてよく取り上げられるのは、やはり簡単に作ることのできるスープです。

まいたけを軽く炒めてしんなりとしてきたら、お水と中華スープの素、もしくはめんつゆなどを入れて、火に掛けるだけなのでとても簡単です。
ここに卵を落として卵とじにしても美味しいのでオススメですね。

あとは、普通に野菜炒めとしてキャベツなどの他にまいたけを入れても良いですし、まいたけだけでは物足りなかったら、肉厚の良いしいたけ等を入れるのもオススメですし、春雨や、きくらげなど中華風でも面白く仕上がってくれます。

他のまいたけダイエットのためにオススメなレシピとしては、やはり外せないまいたけの炊き込みご飯です。
こちらもまいたけだけでなく、他のきのこ類も合わせて入れられれば、普通にきのこご飯としても楽しむ事ができます。

もちろん、まだまだいろいろなバリエーションを楽しめるまいたけですから、料理を楽しみながらまいたけダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

青汁ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ちくわダイエット
投稿口コミ数「0」 件
きのこダイエット
投稿口コミ数「1」 件
甘酒ダイエット
投稿口コミ数「2」 件
コーヒーダイエット
投稿口コミ数「0」 件
キウイダイエット
投稿口コミ数「0」 件
おかゆダイエット
投稿口コミ数「0」 件
おからダイエット
投稿口コミ数「0」 件
マスタークレンズダイエット
投稿口コミ数「0」 件