和食好きならぜひ試して欲しいダイエット!
食べる前に味噌汁を飲んで、健康的に痩せよう!

味噌汁と言えば、私たち日本人にとって馴染み深いものです。
もはや馴染みがあるないという食べ物ではなく、いわば“当たり前”で“普通”の食べ物と言ってもいいかもしれません。

朝食、昼食、夕食、どのタイミングに出されても違和感のない日本食の代表といっていいでしょう。

そんな和食であり素朴で健康的なイメージのある味噌汁ですが、実はこの味噌汁をダイエットに活用することができるというのをご存じでしょうか。
その名もずばり、味噌汁ダイエットというそのままのネーミングではありますが、日本ならではのダイエットである味噌汁ダイエットについてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

味噌汁ダイエットは正しいやり方を知っておく事が大切

味噌汁ダイエットと聞いて、はてなマークが浮かんでいる方も多いかもしれませんが、実はそのやり方はとてもシンプルです。

というのも、よくある食べ物系ダイエットと似ています。
毎日の食事に味噌汁を取り入れていくだけという、いたってシンプルで単純なダイエットになります。

朝食がいいのか、ランチなど昼食がいいのか、またまた夜に食べるのがいいのかなどタイミングで悩むかもしれませんが、実は味噌汁ダイエットはどのタイミングが良いといったような絶対という決まりはありません。

基本のやり方としては、自分の食事のスタイルに合わせて、お味噌汁を取り入れていけばいいのです。

上手なやり方のコツはやはりレシピやアレンジ

例えば、具をたっぷりと入れた味噌汁を1食分と置き換えるという形でもOKです。
もともと和食が多いという方であれば、1日3回味噌汁を取り入れるという形でも問題はありません。

もし1日に3回味噌汁を飲むのであれば、食事の最初に味噌汁を飲み干すようにしておくといいでしょう。

塩分が気になる方は減塩で対処も可能

味噌汁というと、どうしてもその塩分が気になる方もいるかもしれません。

しかしながら、最近では減塩の味噌もたくさん出てきています。
そのため、塩分が気になるという方はそういったものを取り入れていくようにしてください。

また、味噌汁は必ずしも味噌を溶いて、手作りしなければいけないというわけではありませんので、インスタントなお味噌汁でも問題ありません。
自分に合った形で味噌汁を取り入れていくようにしましょう。

そもそも、なぜ味噌汁がダイエットに効果的なのか

これだけ見ればまるで万能薬のような、魔法の食べ物だと間違えてしまいそうな味噌汁ですが、なぜダイエットに効果的なのかおさらいしておきましょう。

まず、味噌汁は一般的に、味噌だけで食べません。
色々な具を、取り入れる事が多く、具だくさんの味噌汁の場合には、それを食べるだけでも一定の満腹感が得られます。

通常であればご飯におかず、副菜といった食事をするところを具だくさんの味噌汁に置き換えると、満腹感も得られますし、摂取カロリーも抑えることができるという事になるのです。

具だくさんにすることによって、変に偏った栄養バランスなどにもならず、栄養バランス的に見ても安心でメリットがあるのです。

食事の前に飲む事で、無駄に食べ過ぎない

食事の前に味噌汁を飲む場合を見てみましょう。
味噌汁ダイエットは、食事の前にというよりも、食事の最初に味噌汁を飲み干すわけなのですが、これも満腹感を得られますし、その後の食事量を抑えることができます。

ついつい食べ過ぎてしまうという方でも先に味噌汁を飲み干すことによって、その後の食べる量をある程度コントロールしやすくなります。

大豆のたんぱく質が豊富

また、味噌汁に含まれている成分自体にもダイエット効果が期待できます。
味噌汁には大豆のたんぱく質が豊富に含まれているのですが、これは体内でロイシンやイソロイシンといったアミノ酸に変わります。

これらのアミノ酸は脂肪燃焼を促進させますので、ダイエット効果が期待できるのです。

また、味噌汁には大豆ペプチドという成分も含まれているのですが、この成分は腸内環境を整えて便秘を解消してくれるだけではなく、基礎代謝のアップにも期待ができますので、より痩せやすい体を目指せます。

さらには、味噌汁には大豆サポニンという成分も含まれています。
この大豆サポニンは、腸の働きを活性化し、脂肪の吸収を抑えてくれるの働きを持っています。

脂肪の分解や燃焼をサポートしてくれる成分でもありますので、脂肪がつきにくくなりますし、ついている脂肪を燃焼しやすくなるのです。

味噌汁ダイエットの注意点もしっかり見ておく

味噌汁ダイエットの注意点についてです。
味噌汁ダイエットに限ったことではないのですが、基本的にどのようなダイエットであってもその人に合う合わないという問題があります。

特に、味噌汁には塩分が含まれています。
人によっては味噌汁を飲むようになってから、逆に体重が増えてしまった、むくむようになってしまったということもあるかもしれません。

最近では減塩の味噌汁もありますので、そういったものに変えてみて、それでも体重が増える、むくむということであれば、味噌汁ダイエットが合っていないと言えます。

そういった場合には、無理に味噌汁ダイエットを続ける必要はありませんし、他のダイエット方法を探したほうがいいでしょう。

味噌汁の具材には多少の注意を

また、味噌汁ダイエットで問題なく体重が落ちているという方でも味噌汁の具材には注意が必要です。
じゃがいもなどの炭水化物を入れてしまうと、せっかくの味噌汁ダイエットの効果が半減してしまいます。

味噌汁に入れる具材は、葉物の野菜や海藻、キノコ類などにしておきましょう。
肉団子や炭水化物を入れてしまうと、ダイエットにはなりません。

なるべくヘルシーな味噌汁を意識して、ダイエットに活用していきましょう。

味噌汁にはダイエットに効果的な成分がたくさん含まれています。
しかしながら、だからといって、好きなものを好きなだけ具材として入れていたのではせっかくの成分も十分に力を発揮できなくなってしまいます。

味噌汁に含まれているダイエットに効果的な成分をより有効活用できるように、味噌汁の具材や飲み方も考えていきたいものです。

簡単なダイエットではありますが、だからこそ、何でもありというわけではないのでその点にだけは注意しておきましょう。

とはいえ、始めやすく続けやすいという点においては味噌汁ダイエットはメリットが大きくあります。
今まで挫折してきた人も、とりあえず始めてみるという点に置いてはハードルも高くありませんし、まずはお手軽に始めやすいのもメリットの1つと言えます。

気になる方は注意点と正しいやり方を守って、まずは1日1味噌汁から始めてみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

カレーダイエット
投稿口コミ数「0」 件
キウイダイエット
投稿口コミ数「0」 件
夜ヨーグルトダイエット
投稿口コミ数「0」 件
生大根ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
アボカドダイエット
投稿口コミ数「0」 件
きゅうりダイエット
投稿口コミ数「0」 件
夜キャベツダイエット
投稿口コミ数「0」 件
梨ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ほうれん草ダイエット
投稿口コミ数「0」 件