きのこダイエットの方法・やり方&レシピとキノコキトサンで痩せる効果

ダイエット法の中で、今では人気の1つに「一食置き換えダイエット」というやり方があります。

これは、朝食などを食べる代わりに、置き換えた商品をドリンク的な形で飲む事で、消費カロリーを抑えて栄養バランスを整えてダイエットに繋げるというタイプのものです。

スポンサードリンク

実際、大手メーカーからもこのタイプの商品は出ていますが、今回紹介するきのこダイエットは、逆に、食事にきのこを追加するというタイプのダイエットになります。

一食置き換えではなく、一品付け足しダイエット?

置き換え系を否定するわけではありませんが、実際やってみれば難易度が高く依存度も高い事がわかります。
その置き換え食事を止めてしまうと、体重が元に戻ったりリバウンドに繋がったりという事もよくあります。

また、なかなか高価なものなので、月に数万円という出費も場合によっては覚悟しなければなりません。

そこで、逆にダイエットに適した食品を追加するという事で、きのこダイエットがおすすめなのです。
きのこ自体に、栄養素がそれほどあるわけではないのですが、ダイエットには実は適した効き目があるのです。

実際、このきのこダイエットというのは、テレビでも取り上げられていたダイエット法でもあります。

きのこに含まれる、キノコキトサン成分が決め手

きのこはそもそもカロリーが低い食材でもあります。
ですから、積極的に食べて行く事で、摂取カロリーは低いけれども満腹感を得ることが可能です。

ですが、カロリーが低いという事は、栄養素も高くないという事でもあります。
そこで大切になってくるのが、きのこに含まれている成分の「キノコキトサン」という成分なのです。

脂肪を分解し中性脂肪を減少させる

キノコキトサンには色々な効き目や効能があると言われていますが、脂肪を分解してくれる効果があります。
そして、中性脂肪を減少させる効果も持っていると言われています。

さらには、血液をサラサラにしたり、血糖値も下がるという非常に優れた効き目を持っているのです。

実は食物繊維も豊富?

きのこには実は食物繊維が豊富に含まれています。
そのため、キノコを使った便秘解消といった事も、解説されていたりもするほどです。

どうやってやればいいのか。その方法について

きのこの良さはわかったとして、実際にダイエットとして行うにはどういうやり方なのかについて見て行きましょう。
といっても、実はシンプルでとても簡単です。

200g夜ご飯で食べる

ただこれだけです(笑
とはいえ、200gというのは意外と結構な量になるので、慣れるまでは100gからスタートしていくのも1つの手ですね。

いきなりMAX値からスタートして挫折するより、まず慣れて徐々に増やして最後に200gまで行くのが良い方法と言えそうです。

キノコキトサンには、体内に溜まった脂肪を排出する効果があります。
ですが、食事として摂ることで、共に摂取している脂肪分も排出してくれ、およそ半分近くまで取り除いてくれると言われています。

ですから、カロリーが多くなったり肉などを食べやすい夜のご飯に、きのこを加えてサポートしてあげるという形になり、満腹感を味わえるので夜に食べ過ぎるという事が軽減される事にも繋がります。

テレビで実際に夜きのこダイエットが行われていた時、お笑い芸人の3人が実践されていました。

ダイノジの大地さん
95.0kgから、87.1kgの-7.9kgのダイエットに成功
ものいいの吉田さん
101.5kgから91.4kgの-10.1kgのダイエットに成功
ザ・パンチの浜崎さん
78.8kgから71.6kgの-7.2kgのダイエットに成功

という結果になっています。
元の体重が割と高めなのですが、なかなか良い結果とも言える感じですね。

きのこダイエットの注意点について

キノコは、摂取カロリーが非常に低い特徴を持っています。
ですから、こればかり食べてカロリーを低めにすれば痩せれる!と思ってきのこばかりを食べる人がいるようです。

きのこだけを食べるのはダメ

ですが、きのこには栄養分はそう多くありません。
ダイエットサポートとしてはキノコキトサンがあるのでおすすめですが、きのこだけを食べるのはあまりよくありません。

逆に栄養バランスが崩れてしまって、太ってしまったり太りやすい体質になってしまったりと悪影響を及ぼすこともあります。

続ける事が大事!そのためには自分流のきのこレシピが必要

ダイエットを続けるには継続性が必要です。
特にきのこダイエットは夜にきのこを食べるという事になるため、シンプルで簡単ですが、非常に飽きやすいというデメリットがあります。

毎日きのこを食べるという事は、きのこが好きで好きでたまらないという方以外は、どうしても飽きてしまう事があります。
そのため、レシピなどで工夫しなければなりません。

  • 味噌汁の具として使う
  • カレーをキノコカレーにしてみる
  • 野菜炒めにきのこを使う
  • きのこを使ったオムレツ

などなど、これらはキノコを使った料理の1種ですが、こういったきのこを使いながらも楽しく食事できる方法を身に付けなければ、すぐに飽きてやめてしまう可能性があります。

飽きずに続けていくために、そしてダイエットで成功させるためにレシピや調理法を少なくとも複数は持っとくと、きのこダイエットで成功できる可能性はグンと高まると言えそうです。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

  • きのこ食べるようにしてから1ヶ月で2キロやせれました♪♪♪

    特に運動をしてるわけじゃないし何かに気を使ったわけでもあにので嬉しいです♪まだまだ続けてやせていきたいなって思ってるところなので、レシピ研究をしています音符

    2012/08/27 by バンビ 様

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

炭酸水ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
おかゆダイエット
投稿口コミ数「0」 件
まいたけダイエット
投稿口コミ数「0」 件
みかんダイエット
投稿口コミ数「0」 件
もやしダイエット
投稿口コミ数「0」 件
杜仲茶ダイエット
投稿口コミ数「2」 件
黒豆ダイエット
投稿口コミ数「1」 件
さつまいもダイエット
投稿口コミ数「0」 件
夜キャベツダイエット
投稿口コミ数「0」 件