おからダイエットの方法と注意点や成功し効果を出すための秘訣を一挙ご紹介

ダイエットにいいとされている食べ物はいろいろありますが、「ダイエットといえばおから!」という人も多いのではないでしょうか。

ヘルシーなイメージでダイエットにも最適なおからですが、実際にはおからダイエットというのはどのようなものなのか、ご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

おからダイエットの方法・やり方は?

おからダイエットの方法はこれまた非常に簡単で、食事の中におからを取り入れていくだけです。

1日の摂取目安量は50グラムとなっていますので、1日のうち1食をおからにおきかえるようにしてみるといいでしょう。

もちろん、おからをそのまま食べるのもいいですし、料理やお菓子にアレンジするのもOKです。

おからダイエットで期待できる効果は?

おからダイエットで期待できる効果として第一に挙げるべきはやはり満腹感です。
というのも、おからは見た目どおり食物繊維が非常に豊富なのです。

実際に食べてみるとわかるのですが、おからを使ったメニューは少し食べただけでもかなりの満腹感を得られます。

水と混ざると膨張するという特徴を持っていますので、食べる量を減らすことができます。
そして、何よりおから自体も低カロリーな食品ですから、ダイエッターも安心して食すことができます。

便秘への効き目も期待できる

食物繊維が豊富なおからは便秘解消にも効果的だといわれています。
どんなにダイエットをしても便秘のせいでお腹のポッコリが改善しないという人もおからダイエットでポッコリお腹を解消することができるかもしれません。

サポニン効果で美と健康にも期待

おからにはサポニンという成分が含まれています。
聞きなれない成分かもしれませんが、この成分がダイエットにおいて非常に効果的な働きをしてくれるのです。

というのも、サポニンは脂肪の吸収を抑えてくれるのです。
脂肪の吸収を抑えてくれるだけではなく、活性酸素の働きも抑制してくれますので、美容と健康に非常に役立つ成分なのです。

ダイエットをしていると肌荒れしてしまうという経験を持っている方は少なからずいるとは思いますが、そういった方にとっては、おからダイエットであれば安心かもしれません。

なぜなら、おからにはイソフラボンが含まれているのです。
もはや今ではCMなどでも有名になり知る人ぞ知るイソフラボンですが、美肌効果やバストアップ効果なども期待できるとされていますから、女性らしい体を作っていくことができます。

おからダイエットを成功させるためのコツ

おからはスーパーや豆腐屋さんなどで売られています。
あまり普段買わない方も多いかもしれませんが、実は、意外と結構安く売られています。

この時、安いし続けていくから…とまとめて購入したいという人もいるかもしれませんが、市販されているおからのほとんどが生のおからになるため要注意です。

というのも、生のおからは、残念なことに賞味期限が非常に短いです。
そのため、大量に生のおからを購入してしまっても、まず消費できないまま賞味期限を迎えてしまうことになる可能性が高いです。

とはいえ、手段はないのか?というと、そうでもありません。
そういった時には、おからを冷凍する事でおからの賞味期限がぐっと伸びてくれます。

方法としては、水分を飛ばした上で冷凍してもいいですし、おからハンバーグなど加工したものを冷凍するのもいいでしょう。

ダイエットは続けていくことが大切になってきますので、おからを小分けにして冷凍する技を使って、長くおからダイエットをするようにしましょう。

おからダイエットを失敗しないための注意点

おからダイエットをする際の注意点としては、少し多めにあります。
くれぐれも、守って実践していきましょう。

食べ過ぎには注意

基本的の基本として、ダイエットにおいて食べ過ぎは避けるべきことというのが当たり前ですが、おからの場合にはダイエット面だけでなく、食べ過ぎることによってお腹がゆるくなることがあります。

というのも、最初に説明したように、おからは食物繊維を豊富に含んでいるため便秘の人にはいいのですが、もともとお通じがよい人やお腹の弱い人にとっては食べ過ぎることによって、より一層刺激を与えてしまう可能性があるのです。

場合によってはお腹が痛くなることもありますし、人によっては下痢をしてしまうこともあります。
美味しい、安いしという事で食べ過ぎたりせずに1日の摂取目安量をしっかり守るようにしましょう。

油との調理にも注意

また、調理方法にも要注意です。
というのも、水分を含みやすいおからは水分だけではなく油も吸い込みやすいのです。

おからと油を組み合わせてしまうと、おからがどんどん油を吸ってしまいます。
本来は低カロリーな食品が、油を吸ったおかげで、あっという間にカロリーオーバーの高カロリー食品へと様変わりしてしまう恐れがあります。

続けていくからこそアレンジで楽しみたいおからですが、調理する際には油と一緒に使うことはなるべく避けていくのがオススメです。
特に最初の頃はまだ慣れていないでしょうから、最初は軽めのアレンジで、慣れてきてから油を使ったアレンジなどで様子を少しずつみていくようにしましょう。

賞味期限はきちんと守る

そして、最後に先ほども述べた賞味期限にも要注意です。
基本的に賞味期限の切れたものはどんな食材でも食べないほうがいいのですが、特におからに関しては食べないほうがいいのです。

よく、傷んだ豆腐を食べて大変になったという話はよく聞きますが、おからも豆腐と同じように大変なことになります。
もったいないからといって賞味期限の切れたものを使うのは避けましょう。

今ではわりと知られダイエットの定番の1つともなってきているおからダイエットですが、注意点も少し多くあります。

そもそもおからが好きかというのが前提ではありますが、好きな方はぜひ注意点に気をつけながらチャレンジして体質に合えば、非常にメリットの多いダイエット方法といえるのではないでしょうか。
自分に合わないと思ったら早めに別の方法に切り替えていくようにしましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

アボカドダイエット
投稿口コミ数「0」 件
夜ヨーグルトダイエット
投稿口コミ数「0」 件
トマトダイエット
投稿口コミ数「0」 件
オリーブオイルダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ほうれん草ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
おにぎりダイエット
投稿口コミ数「0」 件
生姜ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ナッツダイエット
投稿口コミ数「0」 件
プロテインダイエット
投稿口コミ数「0」 件