豆腐ダイエット@豆腐の効果で痩せる!そのレシピと料理とやり方♪

日本人にとって、これほど馴染みの深い食材というのも、なかなかないのでは?という程、普段から食にしている「お豆腐」。

今回は、そんなお豆腐を上手に食して活用して、ダイエット効果に繋げよう!という豆腐ダイエットについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

好き嫌いという事であまり語られにくいですし、キライという方もそれほどいないとは思いますので、正しい方法を身に付けてぜひ豆腐ダイエットで痩せる効果を手に入れましょう!

芸能人の方も実践している方も多くいて、特に有名なところでは、辻希美さんが豆腐ダイエットで15キロ痩せたとして一躍有名になった経緯もあります。

そもそもお豆腐ってダイエットにいいの?

お豆腐ダイエットについてですが、その前に、当たり前のメインの食材にもなる豆腐について見ておきましょう。

そもそも、豆腐には2つのポイントとなってくる点があります。

  • タンパク質がメインの食品
  • 低カロリー

この2点が、豆腐ダイエットで重要になってくるポイントでもあり、特にダイエットにおいては、タンパク質は重要な部分になってきます。

ダイエットを行うと、脂肪よりもまずは筋肉などの方が落ちていきやすくなります。
脂肪より筋肉が落ちて、体重は減ったものの、理想的なプロポーションにならなかったり、カラダのラインが醜い…といった事を経験した事がある方もいるのではないでしょうか。

この点についてタンパク質が大きく関わっていて、たんぱく質には筋肉や骨を作る働きがあります。
ですので、ただ体重を落とせばいいのではなく、ほどよく筋肉も付けながら、代謝を上げて体のラインもキレイにと狙うのが豆腐ダイエットなのです。

お豆腐そのものの効果・効能などについて

先ほども述べたように、豆腐にはたんぱく質が含まれています。
このことから、たんぱく質を取ることによって、筋肉をほどよく付けながら、痩せて行く事を狙うのが豆腐ダイエットです。

そして、豆腐に含まれるたんぱく質には、代謝を上げる働きを持ちます。

基礎代謝が高い人は、脂肪を燃焼させやすい体という事でもあります。
代謝が高い人と低い人が、全く同じ活動を仮にしたとしても、消費カロリーで見れば、代謝が高い人の方が当然高くなります。

この事は、当然ダイエットをしたときに、痩せやすい体という事へ繋がります。
そして、豆腐を食べるという事は、この基礎代謝を上げるという効果へ繋がっていくのです。

豆腐ダイエットのやり方と方法とは?

では、実際にどうしていけばいいのかという点についてですが、これはそのままで、毎日の食事に豆腐を加えようという事になります。

最近では置き換え系ダイエットのように、朝・昼・夜のご飯の主食としてのパンやご飯を、お豆腐に変えるという方法もあります。

また、夜にお豆腐を食べる、夜豆腐ダイエットとしてのやり方など、細かなやり方などは色々ありますが、メインとなってくるのはどれも、お豆腐を毎日の食事に加えるという点で違いはありません。

豆腐は非常に低カロリーな食品でもありますので、主食を置き換える事で、良い効果を期待出来るようになります。
しっかり定期的に食べていく事で、代謝の向上に繋がり、痩せやすく太りにくいカラダを作り上げていってくれます。

豆腐を選ぶのなら、木綿がおすすめ

豆腐といっても、色々な種類があります。
そこで、ダイエットをする場合には木綿豆腐がオススメと言えます。

これは、木綿の方が食べ応えがあり、満腹感に繋がりやすく、料理などでもレシピとして色々アレンジしやすいというポイントがあるからです。

他の豆腐でも構いませんが、おすすめとして上げるなら、木綿豆腐と言えるのではないかと言えます。

長く続けるためにもレシピや料理でアレンジを

当たり前の事ですが、豆腐を食べると言っても、色々な食べ方があります。
ですが、普通にそのまま豆腐だけを食べていても、味気ないですしそれが何日も続くと、いずれそれが苦痛にもなりかねません。

そのために、他の食品系ダイエットと同じように、レシピや料理でアレンジして、味を変えて長く続けて食べていけるようにしなければなりません。

意外と豆腐は色々な料理と合うものですし、色々な料理に使って食べても味の変化が激しく起こったりするわけでもないので、上手に豆腐を使ったレシピを見付けて、長く続けていけるようにしましょう。

  • 豆腐サラダ
  • 豆腐そうめん
  • 豆腐グラタン
  • 納豆豆腐
  • 生姜豆腐
  • 豆腐お好み焼き

などなど色々なレシピが存在しています。
自分流のお気に入りを見付けて、長く豆腐ダイエットを続けれるスタイルを確立しましょう。

豆腐ダイエットの注意点や気をつけるところ

お豆腐を食べるというダイエットですが、当然注意点もあったりします。
何も知らずに、してはいけない方法でしていた…なんて事にならないように、注意点をしっかりおさえておきましょう!

豆腐だけ食べるのはダメ

これは豆腐ダイエットの注意点の1つにもなってくるのですが、豆腐だけを食べるのではありません。
むしろ、豆腐だけを食べるのは、逆にしてはいけないという事になります。

ダイエット時は栄養バランスなどにもしっかりと気を配らなければなりません。
豆腐だけを食べるのではなく、豆腐+おかずとして食べていくのが大事になります。

たんぱく質の種類に注意しておく

豆腐にはたんぱく質が豊富と記載しました。
ですが、実はたんぱく質には種類があり、動物性と植物性の2種類があり、お豆腐は植物性のたんぱく質に該当します。

豆腐はカロリーが低くたんぱく質が豊富に含まれています。
そのため、たんぱく質を補おうと豆腐ばかりに注視しすぎると、いわゆる動物性たんぱく質が不足してしまう事に繋がります。

たんぱく質は、動物性と植物性の両方をバランス良く摂らなければなりません。
ダイエット中だからといって、動物性たんぱく質が含まれる、肉や卵、チーズ、牛乳なども摂っていく必要があります。

動物性たんぱく質が不足してしまうと、簡単に言えば疲れやすいと感じたり、貧血を起こしたりという事に繋がってしまいます。

先ほど豆腐だけ食べるのはダメというのも、このあたりと通じるところもあり、豆腐+αで適度に動物性たんぱく質も補っていけるようにしましょう。

本来は、運動と合わせてできるようにするのが理想

豆腐は、最初にも述べたようい、代謝を上げてくれる効果を持っています。
もちろん、低カロリーでもありますから、食事に置き換える事で、その分の摂取カロリーが抑えられ、ダイエット効果を得ることはできます。

ですが、この代謝を上げるという点については、豆腐を食べるだけで効き目があるというよりも、適度な運動もしてこそ、基礎代謝に繋がっていくものです。

ですから、ただ豆腐を食卓に加えて食べるという事は大事ですが、さらに軽い運動でも構わないので適度な運動もなるべく行う事で、より一層、豆腐ダイエットで成功に近づけると言え、痩せやすく、太りにくい体質改善にも繋がるのです。

豆腐は小さい頃から、親に体に良い食べ物と言われて育ったという方も多いくらい有名でもあり馴染みもある食材です。

芸能人の方々やテレビなどでも紹介されたりして、実践者も多く、成功された方も多いダイエットです。
辻さんの15キロという程まではなかなか難しかったとしても、しっかり正しい方法とやり方で行えば、成功に近づけるはずです。

豆腐をしっかり美味しく食べて、基礎代謝を上げて、理想的なボディラインを作れるようにしていきましょう!

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

  • 主食の米飯を豆腐におきかえるのはOKだけど
    豆腐のおかずをいつものごはんにプラスしてたら太りますw
    豆腐って案外高カロリーなんですよー
    1丁300gとして計算すると絹ごし168kcal木綿だとなんと216kcal!
    コンビニサイズのおにぎりは具抜きでごはん約100g=168kcalなのを考えると…

    それとホルモンバランスの話も問題視されてますから
    だいたい1日に1/3~2/3丁ぐらいが摂取目安だそうです
    晩ごはんだけ主食を豆腐2/3丁に置き換えもしくは
    朝ごはんに3個パックのうち1個をアレンジしたレシピぐらいの感覚がちょうどかも
    クッ○パッドのチーズ乗せレンジでチン!は時間がない朝ごはんにぴったりですよー

    2016/07/02 by みや 様

  • どっちの効果が出たのかわからへんけど、豆腐を食べるようにして、通勤をチャリにしたら3ヶ月で3キロ痩せれたよvv

    チャリは15分くらいしかのらへんからどっちもビミョーやけど合わせ技で痩せれたんかな?って感じ??結果オーライって事でOKやけどねw

    2012/09/04 by マミマミ 様

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

まいたけダイエット
投稿口コミ数「0」 件
生姜ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ドローインダイエット
投稿口コミ数「0」 件
SHINOの腰回しダイエット
投稿口コミ数「1」 件
杜仲茶ダイエット
投稿口コミ数「2」 件
みかんダイエット
投稿口コミ数「0」 件
耳ツボダイエット
投稿口コミ数「0」 件
コーヒーダイエット
投稿口コミ数「0」 件
梨ダイエット
投稿口コミ数「0」 件