美味しく食べて痩せる!
トマトダイエット。効果や方法とそのレシピなど

食事系のダイエットで、一度は誰もが耳にしたことがあると言っても過言ではないのが、このトマトダイエットで、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

トマトダイエットは、最近では特に人気が急上昇しているダイエット法でもあり、多くの有名人も実践しているダイエット法の1つです。

スポンサードリンク

そもそもトマトダイエットとは?

方法はとてもシンプルで簡単といえ、ずばりそのままで、トマトを食べるというダイエットで、トマト好きな方には最高の方法ですし、おいしいトマトを食べて、健康的にやせましょう!

トマトは、栄養を効果的に採ることができる優れた野菜です。

もともと低カロリーの食材であり、ダイエットや健康にも良いすぐれた栄養素を持ちます。

新陳代謝を高め、脂肪をつきにくくする働きや、ビタミン・ミネラルも豊富に含まれ、抗酸化作用もあるため、ダイエットとともに美容面でも期待できます。

トマトがダイエットに良い理由

トマトの栄養素として有名なリコピン。
リコピンは、血液をさらさらにし、脂肪の蓄積を抑制させる働きがあります。

新陳代謝を上げ、腸内環境を改善し、脂肪をつきにくくするというのは、ダイエットだけでなく、体調面でも嬉しいポイントですね。

またリコピンには、抗酸化作用もあります。

抗酸化作用とは、活性酵素(心臓疾患や動脈硬化等の原因)を除去する作用のこと・さらには、美容面で嬉しい美白やしみなどの防止にも期待ができます。

単に痩せるという目的だけでなく、美容面でも心強い効果を持つトマト。
せっかく食べるなら、リコピンが豊富に含まれるものを選びたいですよね。

トマトの赤い色は、リコピンによるものです。
つまり色が濃いほうがリコピンが多く含まれています。
真っ赤で中身もぎゅっと詰まったトマトを選びましょう。

トマトは一度にたっぷりと食べることができるので、効果的に摂取できますよ。

トマトを食べる時間帯は?

ぜひ食事の際に、積極的に食べるようにしたいところですが、一日に一回しか食べられない・・という方は、ぜひ夜にトマトを食べてみてください。

トマトには、ビタミンが豊富に含まれており、成長ホルモンの分泌には、このビタミンやミネラルが欠かせません。
成長ホルモンが分泌される寝ている間ですから、夜にトマトを食べたほうが効率的ですね。

どれだけ食べればいいの?

一日に食べておきたいトマトの量は、ミニトマトだと15個ほど、大きいトマトで2個分ほどです。
トマトジュースもOKです。

おすすめのトマトの食べ方。やレシピ

生トマトをそのまま食べたり、モッツァレラとあわせてカプレーゼにしたり、サラダにプラスして食べてもおいしいですが、加熱してお料理に使って食べるのもおすすめです。

いつも同じ食べ方だと飽きてしまいますから、ぜひいろんなレシピにチャレンジして、おいしく食べましょう。

  • トマトソースパスタ
  • ペンネアラビアータ
  • トマトスープ
  • トマトライス

など、ぜひお好みの食べ方を見つけてくださいね。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

そうめんダイエット
投稿口コミ数「0」 件
朝バナナダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ナッツダイエット
投稿口コミ数「0」 件
きのこダイエット
投稿口コミ数「1」 件
プロテインダイエット
投稿口コミ数「0」 件
納豆ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ココアダイエット
投稿口コミ数「0」 件
チョコレートダイエット
投稿口コミ数「0」 件
昆布ダイエット
投稿口コミ数「0」 件