自転車ダイエット-痩せる効果的な乗り方や時間とこぎ方・方法

最近ではテレビなどでも紹介されたり、芸能人も実践しているという事もあり、通勤に自転車を使うという方が増えてきています。

これも、健康ブームや健康志向といった事が多くの方に根付いてきているという証でもあり、その事もあって自転車を使うという人・シーンは増えてきています。

スポンサードリンク

その自転車が流行っている一方で、マナーなどの問題も浮き彫りにはなってきてはいますが、同じように自転車を使って効果的にダイエットに繋げよう!繋げたい!として、自転車ダイエットも実践する人が増えてきています。

今回は、そんな自転車ダイエットについてまとめてみました。

自転車は、体を使い経済的で、初心者にもおすすめ

自転車ダイエットが優れていると思われる点はいくつかありますが、特に管理人がおすすめと思うポイントが、以下の点です。

特別なスキルや能力は一切不要

スポーツしたり、何かをしたりする時、能力の差が出たりして、なかなか続けにくいといった事があります。

ですが、自転車であれば、多くの方は乗ることが出来る状態にありますし、特別な能力は一切不要で、乗れればOKというはじめるのにハードルが非常に低いのです。

継続するのが、比較的容易

ダイエットの難しいのは、やはりその継続性です。
ですが、自転車ダイエットは、移動を自転車に変えるだけでも可能ですから、もはや不可避なところで自転車に乗るシチュエーションにもできてしまいます。

通勤、通学、買い物などの時に、自転車に乗ることで、主婦から会社員、学生の多くの人が、継続しやすい環境を作ることができるのです。

体力が無くても続けやすい

スポーツや筋トレは、終わった翌日など、疲労感や痛みなどが出てくる場合があります。
ですが、自転車乗って、翌日筋肉痛になったという方は、よほど無理な距離を漕いだり、坂道ダッシュなどをしない限りは、そうそうありません。

この辺りも、非常に続けやすい要因の1つと言えます。

意外と消費カロリーも高い!

自転車はウォーキングなどに比べると消費カロリーが低そうに見えますが、実はやり方によっては、ウォーキングより効率よく痩せれるのです。

使用する筋肉が、下半身メインになるため、下半身太りにも効果的ですし、下半身は筋肉が多いため消費カロリーも多くなるのです。

どんな自転車でもいいの?

ぶっちゃけて言えば、ダイエット目的であれば、特にこだわりなくても大丈夫です。
ただ、割と長く乗るので、よりよい自転車である事に、越した事はないと言えます。

最近では、安くて高性能の自転車も多く出てきています。
特に、ロードバイクまではいかなくとも、クロスバイクあたりであれば、通勤や通学に適していますし、値段も手頃になってきてるのでおすすめです。

逆に、主婦の方であれば、買い物時に乗る事も多いかと思いますので、カゴ付きの自転車などの、いわゆるママチャリと呼ばれるタイプでも問題ありません。

最初にいきなり高価なものを選ぶ必要はありません。
まずは始めてみる事が大切ですし、続けていく過程において必要と思えば、その時揃えるので全く問題ありません。

まずは今手元にある自転車で、始めてみるようにしましょう。

どう乗って漕ぐか、自転車ダイエットに適した乗り方

せっかく自転車に乗るのだから、効果的に痩せていきたいところです。
そのため、しっかりと一番理想的なフォームで乗ったり、漕いだりしていきたいところですよね。

ペダルとサドルの高さに注意しよう

こぐときに大切になるのが、ペダルとサドルの位置関係です。
高すぎてはダメですし、低すぎてもダメです。

ペダルが、親指の付け根辺りが、ちょうどペダルの真ん中に付く高さに設定を行いましょう。

この時、ちょうど親指の付け根の骨が当たる感じで、つま先でこぐというイメージで行くとピッタリな感じです。

こぎ方としては、足が上の位置に来たときに力を入れて漕いで、下の位置では力を抜いて惰性のまま進めて、また上の位置に来たら力を入れてこぐ。を繰り返すようにしましょう。

足首は固定してつま先でこぐ

足をベタっとペダルにつけてしまうより、足首はなるべく固定しながら、つま先で漕ぐのが理想的です。

足首をくねくね動かしても特に痩せる効果に繋がるわけではなく、ただ疲れるだけです!
なるべく固定しておけるよう意識しましょう。

姿勢はリラックスできる状態で

あまり背筋を曲げすぎると痛めてしまうので注意しましょう。
かといって、ピンと伸ばし続ける必要もありません。

無理に背筋を伸ばして走ろうとしなくても大丈夫ですし、自分がリラックスできる少し軽めに曲げたくらいで大丈夫です。

乗る時間について

当たり前ですが、長い方が、ダイエットに効果的なのは言うまでもありません。
かといって、慣れた方ならいいのですが、そうでなければ、いきなり長時間コースからやろうと思うと挫折の元です。

まずは、慣れないうちは15分程度から少しずつ伸ばしていくようにしましょう。
最終的には、30分~1時間を乗れるようになると最適です。

通勤、通学であれば、そのコースを自転車に変えれば、だいたい30分~1時間乗る事になると思いますし、主婦の方であれば買い物時に自転車で行く時に少し遠回りしながら行けば、同じように30分コースを作ることができるかと思います。

少し活用しながら、15分から始めて、慣れてきたら30分、45分、1時間と増やしていくようにしましょう。

自転車ダイエットをする上での注意点は?

何事も、ただやればいいというわけではありません。
しっかりと、注意点やマナー、ルールは守っていくようにしましょう。

ダイエットとして、継続が大切

痩せていくためには、やはり継続が大切です。
乗ってしばらく止めて、またしばらくして乗って、を繰り返していても、なかなか効果には表れてきません。

そのため、通勤や通学、買い物時など、比較的毎日活用するシーンなどを、自転車で行く事で、続ける継続性を少し無理矢理にでも保つ事が可能になります。

さすがに雨の日は危険性もますので乗らない方がいいですが、普段から痩せるならやはり継続する事を意識するようにしましょう。

交通ルールはしっかり守らなければならない

自転車が流行って、一部交通ルールを無視したりする方が居ることで、色々と社会的にも問題になってきています。

歩行者にも気をつけなければいけませんし、車にも気をつけていかなければなりません。

自転車で走る以上は、しっかりとルールを守って乗るようにしましょう。

自転車ダイエットは続ければ、即効性はなかったとしても、非常に大きな効果を目指せます。
人によっては、半年で15キロや1年で20キロ痩せたという方もたくさんいらっしゃいます。

しかも運動での痩せですから、食事も少し見直したり暴飲暴食を抑えたりすれば、より効率的に痩せる事も可能になります。

しっかり続けて、自転車ダイエットで痩せて、自分の目指す体型を手に入れましょう!

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

  • 通勤を自転車に変えて、はや数ヶ月ですがだいぶお腹のぽっこりが治まってきています。

    片道45分ほどの距離をアップダウンなどは特にないですが、毎日スポーツバイクで走っています。

    特に食事を意識したりしているわけではないですが、水分補給も普通に行い食事も普通に食べて夜はたまに飲んで(そういう日はもちろん会社において帰りますよ)も引き締まってきているので、自転車ダイエットは本当におすすめですね。

    2015/08/16 by アミファ 様

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

ウォーキングダイエット
投稿口コミ数「0」 件
SHINOの腰回しダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ヨガダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ジョギングダイエット
投稿口コミ数「1」 件
フラフープダイエット
投稿口コミ数「2」 件
スクワットダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ダンベルダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ラジオ体操ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ドローインダイエット
投稿口コミ数「0」 件