小学生の頃の懐かしい気持ちにもなる?
縄跳びダイエットで健康的に痩せよう

縄跳びダイエットというのは昔からよく知られているダイエット法になります。
とはいえ、時代の流れとともに縄跳びダイエットの方法ややり方も少しずつ変化しています。

しかしながら、その高い効果は昔から変わっていません。
ここでは、縄跳びダイエットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

縄跳びダイエットのやり方

縄跳びダイエットのやり方なのですが、家に縄跳びがある場合には実際に縄跳びをするだけでOKです。
特殊な動きを取り入れるといったことも必要ありません。

ただ、普通に縄跳びをすればいいのです。

しかしながら、家に縄跳びがないという方も多いでしょう。
子どもの頃には家にあったという縄跳びもやはり大人になってくると事情が違ってきます。

そういう方の場合には、エア縄跳びという方法があります。
縄跳びのときの動きというのは体が覚えているでしょうから、本当に縄跳びを持っているような気持ちで縄跳びをすればいいのです。

勢いのついた縄跳びが足にバチンと当たることもありませんし、どこかにぶつかったりすることもありません。
しかも、最近ではエア縄跳び専用のグッズも出ているのです。

こういったグッズを使っていけば、それこそいつでもどこでも縄跳びダイエットを実践することができます。

実際の縄跳びを使う形でもいいですし、エア縄跳びでもいいのですが、せっかくならこの縄跳びにプラスして、食事の制限をおこなっていきましょう。
確かに縄跳びだけでも変わることには変わるのですが、縄跳びで痩せた分、食べてしまっては意味がありません。

別に激しい食事制限をするというわけではなく、カロリーを意識して、健康的な食事を実践していくようにしましょう。
それによって縄跳びダイエットもよりいっそう効果を実感できるようになります。

なぜ縄跳びがダイエットに効果的なのか

縄跳びはどちらかというとアスリートがトレーニングでやっているようなイメージがあります。
ダイエットというよりは体を鍛える印象のほうが強いのですが、なぜ縄跳びがダイエットに効果的なのでしょうか。

それは縄跳びが有酸素運動だからです。有酸素運動として有名なのがウォーキングなのですが、ウォーキングというのはできるタイミングが限られてきます。

特に、天候の悪い日などはウォーキングも難しくなるでしょう。
しかしながら、縄跳びであれば室内でも屋外でもいつでもどこでも関係なく実践していくことができます。

エア縄跳びであれば、本当に自分がしたいと思ったときだけ実践することができます。
好きなタイミングで好きなだけ有酸素運動ができるというのは、本当に大きなメリットになってきます。

有酸素運動をすることによって脂肪が燃焼されることになりますので、やればやるほどダイエット効果が期待できるのです。

縄跳びダイエットにおける注意点

縄跳びダイエットにおける注意点ということですが、まずは実際に縄跳びを使う場合です。
この場合、室内ではなく屋外でやったほうがいいでしょう。

室内でもいいのですが、その場合には広いスペースを確保しておきましょう。
縄跳びというとその場で飛ぶだけと思われがちなのですが、実際には少しずつ移動していることが多いものです。

部屋の真ん中で縄跳びをしていたのに、気づけば部屋の端っこに移動していて、ものに縄跳びがぶつかっていたということもあるかもしれません。
少なくとも割れ物のあるところと近くに人がいるところでは絶対に縄跳びをしないようにしましょう。

また、実際に縄跳びを使う場合でもエア縄跳びをする場合でも、集合住宅の室内では避けたほうがいいでしょう。
マンションやアパートで下の階に住民がいる場合、騒音問題などでトラブルになってしまう可能性があります。

縄跳びというのは軽くやっていても実際にはかなりの振動が起こっていますので、そういった部分を忘れないようにしましょう。
「1階だから大丈夫!」という方もいるかもしれませんが、その場合には左右の部屋に響くこともあります。集合住宅の方は特に注意が必要なのです。

さらに、縄跳びが有酸素運動であることについては先でお話ししましたが、有酸素運動だからこそなるべく長時間続けるようにしましょう。
短時間でも効果がまったくないというわけではないものの、縄跳びが有酸素運動である以上はやはり長時間続けたほうがダイエット効果は期待できるのです。

そして、縄跳びだけに頼らないことです。縄跳びは有酸素運動ですからダイエットには最適な運動なのですが、だからといって縄跳びをしただけで劇的に痩せるというほどではありません。

あくまでも痩せやすい体になっていくというだけの話ですから、それをサポートするためにも食事の制限が必要になってくるのです。
そもそも短期間でダイエット効果の出る方法ではありませんので、じっくりと長期戦を覚悟して続けていくようにしましょう。

縄跳びや食事制限が習慣になればかなり楽になります。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

つま先立ちダイエット
投稿口コミ数「0」 件
開脚ストレッチダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ダンベルダイエット
投稿口コミ数「1」 件
踏み台昇降運動ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
フラフープダイエット
投稿口コミ数「2」 件
ドローインダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ブリッジダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ヨガダイエット
投稿口コミ数「1」 件
股関節ストレッチダイエット
投稿口コミ数「0」 件