懐かしい?ラジオ体操で実はダイエットができる?
ラジオ体操を朝と夜にして痩せるための方法を解説

昔は当たり前のようにラジオ体操をしていたものですが、最近の若い方であればラジオ体操そのものを知らないという方もいるかもしれません。

しかしながら実は今、このラジオ体操が今ダイエット法として注目を浴びているのです。
簡単にできるラジオ体操ではあるのですが、昔とは違って大人になってやってみると、実際にやってみれば以外と体力を使ったりする事に気付きます。

ここでは、ラジオ体操ダイエットについてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

ラジオ体操ダイエットのやり方について

ラジオ体操ダイエットのやり方は本当にシンプルです。
というのも、もう名前の通りで、ラジオ体操第1とラジオ体操第2を毎日おこなうだけでいいのです。

基本的によほどのやり過ぎでなければ、何回でもラジオ体操をしてOKです。
というのも、ラジオ体操をすればするほどカロリーを消費することができるからです。

大切なのは続ける事の継続性

それ以上に、最も重要なのがラジオ体操を続けることです。
やはり週に1回ではあまり変化も実感できないでしょうし、できるだけ毎日ラジオ体操を続けるようにしましょう。

行うのはオススメは朝と夜

ラジオ体操をやるタイミングがは、基本的に寝る前以外であればいつでも問題ありません。
ですが、実際にはその中でも特にいいと言われているのが朝と夜です。

とはいえ、朝に弱いという方も多いかもしれません。
冬場などは特に、寒さから布団にもう少し…と思ってしまうかもしれませんが、これも逆の発想をする事でダブルメリットになります。

朝にラジオ体操をすることによって、目覚めもスッキリし、活動的に過ごせるように繋がっていきます。
ダイエットにおいては、ただ痩せるのではなく健康的に痩せる事が望ましいですが、そのためには生活スタイルも大切です。

いわば、朝にラジオ体操することによって体を目覚めさせることができますし、代謝もアップし、まさに体をスイッチオンの状態にすることができるのです。

一方、朝ではなく夜であれば、体温が上昇していることもあり脂肪燃焼効果も期待できます。
夜にラジオ体操することによって、疲労回復にも期待が持てます。

疲れやすいという方は夜に1回のラジオ体操を続けてもいいでしょう。

ただ、できることなら朝と夜の両方にラジオ体操をするのがオススメです。
ラジオ体操は第1も第2もどちらも3分ほどです。

両方の体操を行っても、たった6分ほどです。
忙しい方でも時間の確保はしやすいメリットもありますし、朝にラジオ体操第1、夜にラジオ体操第2という形でもいいでしょう。

そもそもなぜラジオ体操がダイエットに効果的なのか

ラジオ体操というと、どちらかというと昔ながらの健康法というイメージがあるかもしれません。
小学生の夏休みの頃には皆で集まって体操をしてスタンプをもらっていたという記憶がある方もいるのではないでしょうか。

しかしながら、実はラジオ体操というのは“真面目”にやれば、思っている以上の運動になるのです。

ラジオ体操第1とラジオ体操第2はどちらも3分ほどのものですが、たった3分であっても有酸素運動や筋肉トレーニングと同じような効果を得ることができるのです。

ラジオ体操を続けることによって、血流が改善されるのですが、それによって肩コリや冷え性、便秘なども解消されることになります。

中でも血流の悪化によって起こる冷えというのは、ダイエットにとって大敵です。
冷えによって代謝が落ちてしまいますので、それだけで太りやすい体になってしまうのです。

しかしながら、ラジオ体操で血流を改善することによって、冷え性も改善されますし、それによって代謝もアップしていきます。
より痩せやすい体へと変えていくことができるのです。ラジオ体操はさらに筋肉を刺激することができますので、脂肪燃焼効果にも期待ができます。

また、便秘によってお腹がポッコリしてしまっている方であれば、ラジオ体操で便秘が解消されれば、それだけでお腹周りがスッキリするでしょう。
それまでお腹の中にたまっていたものがスッキリ出ることによって、体の巡りというのもよくなっていきますので、美容面でもよい変化を実感できるようになるのではないでしょうか。

ラジオ体操ダイエットにおける注意点

ラジオ体操ダイエットにおける注意点なのですが、まずは先ほどにも述べたラジオ体操を実践するタイミングです。

基本的には寝る前以外であればいつでもいいとお話ししましたが、寝る前がダメな理由は、ラジオ体操をやってしまうと目が冴えてしまうというところにあります。

体も活動的になってしまいますので、睡眠の質を低下させてしまう事に繋がります。
ダイエットにおいて睡眠の質というのは重要ですし、寝不足はダイエットを含め、美容と健康の大敵です。

そのため、ラジオ体操を寝る前にするのは必ず避けるようにしましょう。

効果を出すには真面目に取り組む事が必要

また、ラジオ体操は真面目に取り組まなければいけません。
ただやれば良いというわけではありません。

中には、ラジオ体操をテレビを見ながらしようと思っている方など、「ながら体操」をしようと思っているかもしれませんが、これでは最大限の効果が期待できません。

ラジオ体操の動画などを見てみるとよくわかるのですが、実際にラジオ体操をしている方というのは指の1本までピンと伸ばしてキレのいい動きでラジオ体操を実践しているものです。

昔のようにだらけてやってもそれはただの惰性でしかありません。
ラジオ体操を3分間行って、息が切れるくらいにしっかりと真面目に取り組んでこそ意味があります。

いきなりは難しいかもしれませんが、講師が取り組んでいるレベルのキレのよさでラジオ体操を実践していかなければいけません。

そうすることによって、ラジオ体操ダイエットの効果もより高まっていきます。
ラジオ体操ダイエットをするなら、ラジオ体操をするときにはラジオ体操だけに集中した状態で実践していきましょう。

健康的に痩せるというのにまさにうってつけのダイエット法ですし、忙しい方も取り入れやすく朝と夜の6分間にぜひチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

SHINOの腰回しダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ドローインダイエット
投稿口コミ数「0」 件
自転車ダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ジョギングダイエット
投稿口コミ数「1」 件
スクワットダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ウォーキングダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ヨガダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ダンベルダイエット
投稿口コミ数「1」 件
フラフープダイエット
投稿口コミ数「2」 件