スクワット効果で脚痩せダイエットを成功させる正しいやり方と方法

「スクワット」という言葉を聞いた時、アスリートの方やスポーツする人が行う筋トレやトレーニングのイメージをするかもしれません。

以前にも紹介しているダンベルダイエットと同じ事を思うかもしれませんが、こちらも同様に実はやり方次第で、色々な応用ができるのです。

スポンサードリンク

ですが、先のダンベルダイエットと同じように、ストイックにスクワットを繰り返す必要性は無いと言えます。
気軽に行って、脚痩せなどダイエットに繋げていくのがオススメです。

スクワットする事で、どんな効果を期待できるか

そもそもスクワットというと、少なからず運動やエクササイズという事になりますが、その体を動かす分だけ、色々な部位に効き目を期待できたり、体への効果なども期待できる事がたくさんあります。

ふとももに効かせる

スクワットというと、やはり足がメインに動かしますので、そこに効かせる事になりますが、まず効き目が現れる部位として、太ももがあります。

太ももには、大腿骨を挟みこんでいる大腿四頭筋という筋肉があります。
この背面にはいわゆるハムストリングスと呼ばれている大腿二頭筋などの筋肉もあります。

この大腿骨を挟む筋肉を鍛えるという事は、太ももに効かせる事が期待できます。

太ももがたるむ事を予防してくれたり、ハリのある太ももをつくったり、太ももダイエットに繋がっていきます。

お尻を引き締めヒップアップ

もともとお尻にも、しっかりと大臀筋と呼ばれる筋肉が存在しています。
この大臀筋の側面には中臀筋という筋肉があり、これらをスクワットで鍛える事で、ヒップアップ効果が狙えます。

スクワットで、ハリのあるお尻や引き締まったたるんだお尻ではない上を向いたお尻を目指せます。

ふくらはぎに効かせる

ふくらはぎには、下腿三頭筋と呼ばれる筋肉があります。
スクワットによって、この中にある腓腹筋と呼ばれる筋肉や、ヒラメ筋などが鍛えられ、ふくらはぎがたるむのを防止してくれたり、ハリのある足やふくらはぎの部位の脚痩せの効果が期待できます。

このように、スクワットは一度行うだけでも、非常に多くの筋肉に影響を与えていきます。

太もも、お尻、ふくらはぎを効率的に痩せたいと考える方には非常に最適な運動になってくると言えます。

正しいスクワットの方法や注意点

では実際にスクワットをどう行えば良いのかを見て行きましょう。

  1. まっすぐに立ち、肩幅に足を開きましょう。
  2. 両手を前に突き出し、膝を曲げて腰を落としましょう。
    ※膝はつま先よりも前に出ないように腰を落とします。
    ※猫背にならないように、胸を張る。
  3. 太ももが床と平行になるところまで下ろしたら数秒その体勢をキープする。
  4. 3秒~5秒ほどキープしたら、腰を上げて元の体勢に戻しましょう。
  5. これを、10回を5セットほど行いましょう。

最初からいきなりハードにやりすぎると、足の関節や筋繊維を傷めてしまう事もあります。

足の柔らかさや硬さなどでも疲れの溜まり具合や、筋肉への負荷なども違ってきますので、無理をしないようにしていきましょう。

特に、姿勢が崩れてしまっていたり、猫背のまま行ってしまっていると、腰の痛みなどに繋がる事もありますから、姿勢には注意して行いましょう。

スクワットは、足の部位の色々なところに効き目を期待できます。
かといって、無理に行ってしまうと傷めてしまう危険性もありますので、適度に負荷をかけながら無理せず脚痩せを目指すようにしましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

ヨガダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ダンベルダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ウォーキングダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ジョギングダイエット
投稿口コミ数「1」 件
自転車ダイエット
投稿口コミ数「1」 件
SHINOの腰回しダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ドローインダイエット
投稿口コミ数「0」 件
フラフープダイエット
投稿口コミ数「2」 件
ラジオ体操ダイエット
投稿口コミ数「0」 件