健康的で簡単そうだけど続けるのは難しい?
ウォーキングダイエットの効果や正しいやり方を徹底解説

歩くと言えば、誰もが日々行い当たり前にしている事です。
このただ歩くを一歩改良する事で生まれるのが、今回紹介する「ウォーキングダイエット」になります。

健康のためにウォーキングをしているという方も多いですし、実際にそういった方の姿を目にしたことがあるという方も多いかもしれません。

また、過去にチャレンジしてみたり、通勤時に試してみようと思ったりした事がある方もいるかもしれません。

ウォーキングと言えば、健康法の1つというイメージもありますが、実はダイエット法としても非常に注目を浴びていますので、しっかりチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

正しいウォーキングダイエットのやり方とは

ウォーキングダイエットのやり方についてですが、とてもシンプルで、本当にウォーキングをするだけになります。

ただし、このウォーキングというネーミングが勘違いを生み出し、ただ歩けば良いと思っている方もいますが、そうではありません。

ダイエットのためにウォーキングをするのであれば、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

理想は朝食前の朝ウォーキング

基本的にダイエットのためにウォーキングをするのであれば、朝のうちにウォーキングをするのが好ましく望ましいです。

朝食を取った後なのか朝食を取る前なのかで迷う方もいるでしょうが、ダイエットのためにウォーキングをするのであれば、やはり理想的には朝食を取る前にするのがオススメです。

時間も最低20分ほどは続けておきたいものです。

これらのポイントを押さえた上で、なるべく毎日ウォーキングを続けていくというのが望ましいです。

もちろん、その日の体調のこともあるでしょうから、無理にする必要はありませんが、できるときにはなるべく毎日ウォーキングを続けるようにしましょう。

そもそも、なぜウォーキングがダイエットに効果的なのか

なぜウォーキングがダイエットに効果的なのかということですが、まず朝食を取る前にウォーキングをすることによって、体の脂肪が消費されることになります。

そもそも、朝起きたばかりの私たちの体というのは、空っぽの状態です。
そこにエネルギーを補給するために朝食があるのですが、その朝食の前にウォーキングをすることによって、体の中にある脂肪をエネルギーとして消費することができるのです。

朝食を食べた後にウォーキングをしたのでは、朝食がエネルギーとして消費されてしまうので、ダイエット効果というのは実はあまり期待できません。

補給したエネルギーをウォーキングで消費してしまうからこそ、プラスマイナスゼロになってしまうのです。

また、朝にウォーキングをすることによって体内時間がリセットされることになります。

今の時代では夜も誘惑が多かったりで、体内時計がおかしくなっている方が多いですし、あなたもその1人に当てはまるかもしれません。
この体内時計をリセットすることによって体のリズムも整ってくるのです。

朝ウォーキングをするという事は、当然朝日を浴びることになります。
これもまた、自律神経を整えることにつながってきます。

こういった体の調子を整えるということが、ダイエットにつながってくるのです。
ダイエットは何も運動すれば良い、食事だけを気をつければ良いというわけではありません。

自律神経が整ってくる事で、汗がしっかりと出るようになりますし、それによって体温調節もきちんとできるようになります。
体の不調が改善させるだけではなく、代謝のアップによって痩せやすい体になっていくのです。

さらに、当たり前のことなのですが体を動かすことによって血流もよくなります。
代謝もアップしますし、脂肪の燃焼はもちろん、カロリーの消費も期待できるのです。

体を動かすことによってストレス解消にもなりますので、もしストレスが体重増加の原因となっている場合には、その原因に直接アプローチすることができ、それがダイエットにつながっていくという流れになるのです。

ウォーキングによってお通じが促されることもありますので、便秘解消などにも効果的という方もいます。
朝のお通じがなかなか来ないという方は、朝ウォーキングをすることによって、ダイエットとの相乗効果を狙えて、朝からスッキリできるようになるかもしれません。

ウォーキングダイエットにおける注意点について

ウォーキングダイエットにおける注意点としては、まず挙げられるのが怪我にくれぐれも注意が必要という事が言えます。
というのも、朝起きてすぐの状態というのは、筋肉がかたくなっているのです。

スポーツ選手なども試合前は必ずウォーミングアップをして温めてほぐしてから試合に臨みますが、かたくなっている筋肉のまま運動すると、怪我をしてしまう可能性がはるかに高まってしまいます。

そのため、いくら朝ウォーキングといっても、目覚めてすぐにウォーキングというのはやめておいたほうがいいでしょう。

朝起きて、ウォーキング前などに軽いストレッチなどをして筋肉を少しほぐしたところで、ウォーキングしに行くようにしたいものです。

ウォーキングなんて歩くだけという安易な考えではつい捻挫など捻ってしまったりする可能性もありますので、くれぐれも怪我には注意しましょう。

あとは、ダイエットのためだからといって無理にウォーキングを続けないことも重要です。

調子が悪いのに無理をしてウォーキングをする必要はありませんし、台風が来ているなどの悪天候の中で無理にウォーキングへ出かける必要は当然ありません。

できるだけ続けたほうが良いのは間違いないですが、無理をしてまで続ける必要はありませんし、常識の範囲内で考えて行うようにしましょう。

無理にウォーキングをして、それで怪我をしてしまったり、体調を悪くしてしまったりすれば、それこそ本末転倒です。

もともとウォーキングダイエットは想像が付くとおり、短期間で変化を実感できるようなダイエット方法ではありません。
無理をせずにマイペースに続けていくということを大事にしていきましょう。

ウォーキングが当たり前の習慣になってしまえば、ダイエットという意識すらなくなりますし、それで変化を実感できれば健康的にも良い習慣になりますし、朝ウォーキングで健康的にダイエットに挑戦していきましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

ダンベルダイエット
投稿口コミ数「1」 件
SHINOの腰回しダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ジョギングダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ドローインダイエット
投稿口コミ数「0」 件
フラフープダイエット
投稿口コミ数「2」 件
自転車ダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ラジオ体操ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ヨガダイエット
投稿口コミ数「1」 件
スクワットダイエット
投稿口コミ数「0」 件